クォーツムーブメント ジュエリーウォッチ

関連する動画

  1. 時刻合わせ(側面)
  2.  
  3. 時刻合わせ(裏面)

時計のお手入れ

電池の寿命

3年(平均)

ムーブメント

クォーツ

メンテナンスの頻度

防水機能検査:2年に1回(水に濡れることが多い場合は1年に1回)

メンテナンス:4~5年に1回

 

ジュエリーウォッチは、精巧なつくりと希少性の高さを誇るウォッチです。中には防水仕様でないものもあり、完全に水につけることを前提としていません。

日常生活におけるほこりや雨、水滴など、ウォッチ内部への水分の浸入は、パッキンが防いでいます。最大限の保護のために、パッキンは2年ごとに交換することをお勧めいたします。

急激な温度変化によりパッキンが損傷する可能性があるため、スパやバスルームにはウォッチを持ち込ないでください。

防水性に戻る
 

クォーツモデルは、電池を動力源としています。電池の寿命はモデルにより異なります(2年~4年)。電池切れになった場合または電池電圧が低下してきた場合(モデルによっては秒針が4秒ごとに動いてお知らせします)、すみやかに電池交換することをお勧めします。使用済みの電池をそのままにしておくと液漏れが発生し、ムーブメントに損傷を与える場合があります。

注意:カレンダー合わせは、午後10時から午前1時の間を避けてください。

ムーブメントに戻る

 

ストラップのダメージを防ぐために、水に濡らさないようご注意ください。

お手入れには化学製品(石鹸、アルコール、溶剤等)を使わずに、柔らかい乾いた清潔な布をお使いください。

ブレスレットに戻る
Servicing

時計は、24時間毎日作動する数少ない製品のひとつです。シャネルでは、ウォッチの精度を保ち末永くご愛用いただくために、適切なツールや部品を揃えているシャネルのリペアセンターにて、定期的なメンテナンスをお勧めしています。お客様のシャネル ウォッチの修理やメンテナンスを正式におこなう資格があるのは、シャネルの時計技術者のみとなります。

メンテナンスの推奨頻度:

2年に1回:以下のメンテナンスサービス:

  1. 裏蓋の開閉
  2. ムーブメントの作動検査
  3. クォーツウォッチの電池交換またはオートマティックウォッチのムーブメント調整
  4. 部品の取外しと超音波洗浄(一部モデルを除く)
  5. 不具合部品の交換
  6. 再組立てと防水パッキンの交換
  7. 必要に応じて、バネ棒やネジの交換(有料)
  8. 防水機能検査
  9. ブレスレットおよびクラスプの全体点検
  10. 作動点検:クォーツ モデル48時間、オートマティック モデル72時間、クロノグラフ モデル96時間

4~5年に1回:
以下のトータルサービス:

  1. 裏蓋の開閉
  2. オートマティックウォッチ:分解、部品クリーニング、巻き上げ、ムーブメントの調整
  3. クォーツ ウォッチ:ムーブメントと電池の交換
  4. 時計の分解、不具合部品の交換
  5. ステンレススティール製、ゴールド製部品の軽ポリッシュ作業(J12を除く)
  6. 外装部品の超音波洗浄
  7. 再組立てと防水パッキンの交換
  8. 必要に応じて、バネ棒やネジの交換(有料)
  9. 防水機能検査
  10. ブレスレットおよびクラスプの全体点検
  11. 作動点検:クォーツ モデル48時間、オートマティック モデル72時間、クロノグラフ モデル96時間

メンテナンスに戻る