ホワイト カメリア
アルバ プレナ

ホワイト カメリア
アルバ プレナ

フランス南西部の村、ゴジャック。この地で、植物学者の権威であるジャン トビが、カメリア アルバ プレナを育んでいます。2000種ものカメリアの中から選び抜かれた、シャネルを象徴する花です。

フランス南西部の村、ゴジャック。この地で、植物学者の権威であるジャン トビが、カメリア アルバ プレナを育んでいます。2000種ものカメリアの中から選び抜かれた、シャネルを象徴する花です。

シャネルの花

シャネルとホワイト カメリアの物語は、マドモアゼル シャネルがベルトにホワイト カメリアを飾った1913年に始まりました。カメリアの花がもつシンプルさ、形の美しさ、純粋さ、寒さが厳しい冬に花を咲かせるという生命力は、マドモアゼル シャネルを魅了しました。そして彼女はカメリアをお気に入りの花、シャネルのシンボルにしたのです。シャネルとホワイト カメリアの物語は、マドモアゼル シャネルがベルトにホワイト カメリアを飾った1913年に始まりました。カメリアの花がもつシンプルさ、形の美しさ、純粋さ、寒さが厳しい冬に花を咲かせるという生命力は、マドモアゼル シャネルを魅了しました。そして彼女はカメリアをお気に入りの花、シャネルのシンボルにしたのです。

シャネルの科学者たちは、カメリアの冬の寒さに耐えうる力に興味を持ちました。研究所が保有している数種のカメリアに関する徹底した調査によって、シャネルは、カメリア アルバ プレナだけが保湿効果の高い有用成分を生み出せることを発見しました。

フランス南西部は、カメリアの成長にとって最適な環境です。シャネルと植物学者 ジャン トビとのパートナーシップは、1998年から始まりました。

手摘みによる収穫

冬に開花し、香りを持たないホワイト カメリアは、高い抵抗力を持っています。しかし、その白い花は非常に繊細であるため、一輪ずつ手摘みしなければなりません。苗床には100本近いカメリアの木が植えられ、すべての木には細心の注意と手間が必要とされます。冬に咲く花を、自然に限りなく近い環境で栽培するには、季節に合わせた対応がとても大切なのです。

花は一輪ずつ手摘みし、バスケットに入れ、劣化を防ぎます。そして計量が済むとすぐに冷凍されます。研究所に送られる前に、有用成分を100%保存するためです。

“ ここではすべての作業が自然と調和しています。
自然こそが責任者なのです。”

— Jean Thoby

一滴一滴

稀少な有用成分を凝縮するために、シャネルはマイクロ フルイディック テクノロジーを採用しています。有用成分を新鮮なままマイクロ バブルに閉じ込め、フォーミュラに配合できる革新的な技術です。カメリアのマイクロバブルは、すばやく肌に溶けこむようになじみます。

肌にのせた瞬間、バブルが弾けて、カメリア アルバ プレナ エキスがもつ、肌にうるおいとハリをもたらすパワーが解き放たれるのです。

詳細はこちらから

他のエピソード