パトリス ルゲローの インスピレーション

1921年、ガブリエル シャネルは、一つのフレグランスを発表します。それは、女性の中にあると彼女が確信していた、大胆さとモダニティをイメージした、当時の香水の概念を覆すフレグランス。こうしてN°5が誕生することになります。そして2021年、シャネル ファイン ジュエリーのクリエイティビティがこのアイコニックなフレグランス N°5の100周年を祝し、妥協なきスピリットでハイ ジュエリー コレクションを創出します。熟練の技術を結集して創りあげられた息を呑むようなネックレスの中心で輝く55.55カラットのダイヤモンドには、伝説の香りへの最上のオマージュが込められています。

N°5は、直感力へのオマージュです。このフレグランスの調香を選ぶ際に発揮されたマドモアゼルの直感的な能力に倣い、ファイン ジュエリー クリエイション スタジオのディレクター、パトリス ルゲローは次のように言及しています。「ボトルやボトルストッパー、フレグランスの組成については誰もが知っていることですが、フレグランスとハイ ジュエリーを結び付けるために、私は自分の直感に従う必要がありました」。最初のリサーチを終えたあと、N°5のジュエリー制作の原動力となったのは、まさにこの直感力でした。ルゲローは「コレクションは、私が直感に任せた途端、極めて自然に発展していきました」と話します。

ルゲローは今回の制作プロセスについて、次のように説明します。「多くの時間を費やしたのがリサーチでした。N°5の花々が栽培されているフランスのグラースへ赴き、戻ってからは、本を読みなおしました。また、アーカイブに収められている最初のN°5のボトルを見て、その世界観に浸りました」。120点以上を擁するこのコレクションは、これまでで最大規模のハイ ジュエリー コレクションです。