2024年春夏 オートクチュール コレクション ショー

フィルムを観る

ヴィルジニー ヴィアールによるCHANEL 2024年春夏 オートクチュール コレクション ショーがグラン パレ エフェメールで開催されました。装飾品であり実用品であるボタンが、私たちをバレエとダンスの世界へと誘います。
優雅さ、自由さ、正確さをあらゆる動きで表現し、サヴォアフェールの精巧さを物語るピンクとホワイトの水彩画を基調としたコレクション。ホワイトのバレエ レオタードやタイツに、ロング ドレス、ショート ストレート スカート、ジャンプスーツ、チュール、プリーツ、レース、フラワーやリボンをまとい、現代文化を取り入れた優美でフェミニンな感性をコレクションに生み出します。

写真撮影:マリック ボディアン

メゾンが大切にするジュエルボタンへオマージュを捧げたショーのセットでは、マリック ボディアンによる写真の数々がCHANEL 2024年春夏 オートクチュール コレクションに輝きをもたらしています。

ショーに駆けつけたメゾンのアンバサダーや友人たち

ショーの親密な雰囲気の中で、メゾンのアンバサダーであり友人のマーガレット クアリーをはじめ、ケンドリック ラマー、デイヴ フリー、ミンジが、CHANEL 2024年春夏 オートクチュール コレクション ショーの印象について語っています。

監督:キャロリーヌ ドゥ メグレ

フィルムを観る
フィルムを観る
フィルムを観る
フィルムを観る
フィルムを観る

キャロリーヌ ドゥ メグレとの対談

メゾンの本質であるオートクチュールは、あらゆる夢とクリエイティブな独創性を可能にします。CHANEL 2024年春夏 オートクチュール ショーの開催前に、カンボン通り31番地のガブリエル シャネルのアパルトマンで収録されたこのエピソード2では、メゾンのアンバサダーで女優のマーガレット クアリーが登場。シャネルのオートクチュールでのパーソナルな体験、それが呼び起こす感情、そしてアーティストとしてのキャリアや時間との関係性について語ります。

対談:ジェラルディン サラティア

ショーのフロントロー

メゾンのアンバサダーであり友人のナオミ キャンベルをはじめ、マーガレット クアリー、ケンドリック ラマー、アナ ムグラリス、ミンジ、レベッカ マルデール、ルーシー ボイントン、シャルロット カシラギ、シン ジーレイ、キャロリーヌ ドゥ メグレなどのゲストたちが、パリで発表された CHANEL 2024年春夏 オートクチュール コレクション ショーに駆けつけました。

ヴィルジニー ヴィアールの声がけにより、ケンドリック ラマーとクリエイティブ パートナーのデイヴ フリーが出会うシャネルのオートクチュールの世界。時間と継承の物語に命を吹き込みます。

メゾンのアンバサダーで俳優のマーガレット クアリーが、同じくアンバサダーで俳優のアナ ムグラリス、メゾンの友人のナオミ キャンベルと共に、私たちを『ボタン』の物語へと誘います。

脚本・監督 :デイヴ フリー
スコア:ケンドリック ラマー
提供:pgLang

ティザーを見る

"Beauty within the imperfections of time" – " The button"

本サイトの利用条件: 価格表示について. こちらをクリック