シャネル N°5

オリジナルのN°5

N°5 は抽象的なフレグランス。

ローズ ドゥ メとグラースのジャスミンを骨格とし、アルデヒドが華やかさを添えるフローラル ブーケ。

DISTINGUISHING FEATURES

1921年、マドモアゼル シャネルは、「女性の香りのする、女性のための香り」という、他にはないフレグランスの創造に着手しました。初代シャネル専属調香師 エルネスト ボーはそのリクエストに応えるため、香りの伝統的なコードを壊し、革命的な香りをマドモアゼルに提案しました。突出したノートがなく、それでいて華やかで抽象的で、神秘的なブーケ。アルデヒドがもたらした、当時のフレグランスの常識をくつがえす調香。 マドモアゼルはこの香りに、コードのような名を付けました。 N°5。それは、フレグランスの歴史をぬりかえた名前。

GENEALOGY

N°5のために、マドモアゼルはシンプルなボトルを選びました。香りを主役にする、ミニマルなデザイン。シンプルで、時を超えるボトル。宝石のようにカッティングされたキャップは、パリのヴァンドーム広場の形からインスパイアされています。N°5 の誕生から現在まで、このアイコニックなシルエットは、ほとんど変更されずに継承されています。

GEOMETRY