シャネル N°5 オードゥ パルファム

センシュアルな N°5

N°5 オードゥ パルファムの香りの特徴は、パルファムと共通しています。

シトラスのノートと官能的なヴァニラが、フローラル アルデヒドをより際立てています。

DISTINGUISHING FEATURES

1921年、マドモアゼル シャネルは、「女性の香りのする、女性のための香り」という、他にはないフレグランスの創造に着手しました。初代シャネル専属調香師 エルネスト ボーはそのリクエストに応えるため、それまでの香りの伝統的なコードを壊し、革命的な香りをマドモアゼルに提案しました。 マドモアゼルはこの香りに、コードのような名を付けました。 N°5。それは、フレグランスの歴史をぬりかえた名前。 そして1978年からシャネルの専属調香師を務めたジャック・ポルジュは、先代が創った香りの譜面に新たに解釈し、1986年、より豊かに香り立つN°5 オードゥ パルファムをに世に送り出しました。

Genealogy

N°5のために、マドモアゼルはシンプルなボトルを選びました。香りを主役にする、ミニマルなデザイン。シンプルで、時を超えるボトル。宝石のようにカッティングされたキャップは、パリのヴァンドーム広場の形からインスパイアされています。N°5 の誕生から現在まで、このアイコニックなシルエットは、ほとんど変更されずに継承されています。

Geometry