Celebrityby

シャネルがインタビューした6人が紡ぐ言葉

N°5、名声の100年

N°5は単に香水の世界を変えただけではなく、世代を超えたイノベーター、チェンジメーカー、ディスラプターにインスピレーションを与え、カルチャー アイコンにもなっています。映画界、学術界、メディア界、ダンス界で活躍する6人の言葉で、これまであまり取り上げられることのなかったセレブリティという現象について考察します。この先の100年にわたる名声が創造性、文化、社会をどのようにつくり続けていくのかをご覧ください。

“名声の強みは長続きするところ。なぜならクリエイションが土台にあり、それを共有する方法も土台となっているからです。”

マリオン コティヤール

俳優
アカデミー賞にも輝いた女優マリオン コティヤールは、シャネルN°5のアンバサダーです。
“メンフィスの子供たちを奮起させたかったのです。ストリートダンスはコンテンポラリーであり、現代の芸術です。”

リル バック

ジューキン ダンサー
わずか13歳にしてストリートダンスのジューキングを広めた革新的なムーブメントのアーティストであり振付師。
“今日では、50年後も有名で居続ける人は世界で100人未満でしょう。”

グレイドン カーター

元Vanity Fair誌編集長・Air Mail誌創設者
カーターは、これまで25年にわたり、Vanity Fair誌、そして最近ではAir Mai誌社で、セレブリティ カルチャーをつくる最も象徴的なストーリーを監修してきました。
“スターの輝きは消えません。自身で光るからです。”

マリ=アニエス ジロ

エトワール ダンサー
バレエダンサー・振付師として知られるマリ=アニエス ジロは、パリ・オペラ座バレエ団のバレリーナとして初めて振付を担当した女性ダンサーであり、史上最年少の15歳でパリ・オペラ座バレエ団に入団したダンサーでもあります。
“私達の社会は、名声と同様に社会的責任を重要視する女性をもっと必要としています。”

ホング フゥアング

作家・ブロガー
女性のエンパワーメントの擁護者であり、中国のファッション業界のアドボケーターでもあるホング フゥアングは、中国で最も影響力がある革新的なメディア人の一人です。
“有名人は私達とあまり変わりなく、毎日のように 一般の人々が有名になります。”

ローリー サントス

心理学者・イェール大学教授
人間の認識力、その起源、人生の選択に影響を与える進化的先入観についての専門家であり、イェール大学の300年にわたる歴史の中で最も人気の高いコースを教える教授:心理学と幸せな人生。
名声の100年