Chanel Parfumeur

I AM A CRAFT

調香師。

フレグランスの調香は書籍から学ぶものではありません。嗅覚のセンスと香りの記憶に基づくもの、知識の伝承です。
画家が色を選ぶように、調香師はさまざまな香りの素材をパレットに集め、自由にあふれた香りの世界をつくりあげます。
材料であるエッセンスは細心の注意を払い、厳密に調合されます。
そして最後に、職人としての本能的なインスピレーションが働き、シャネルのエッセンスが完成するのです。

THE INSPIRATION

"私は、大地や花々や作物など、現実にある人の手を感じさせるものから、形やとらえどころのない香りをつくることが好きなのです。"

— オリヴィエ ポルジュ

THE TRANSFORMATION

シャネルの専属調香師は、多くの材料を調合しながら異なるファセットを慎重に組み立てて、印象的な香りをつくります。これは、自然にある素材が、香りのコンポジションに生まれ変わった姿で、ひとつの抽象的な作品です。

THE CREATION

オリヴィエ ポルジュはまず、フレグランスの本質となる輪郭を描きます。そして輪郭を修整し、香りの構成を明確にします。さらに色を調合して、イメージが形になったとき、シャネルのフレグランスが誕生するのです。

その他のエピソード: