三菱一号館美術館

Gabrielle Chanel
Manifeste de Mode

Open from

2022年6月18日(土)

9月25日(日)

2020年にパリで初めて開催された「Gabrielle Chanel. Fashion Manifesto」展を再構成した国際巡回展が、この度、東京で開催されます。ガブリエル シャネルの仕事に焦点を当てる回顧展を日本で開催するのは、30年以上ぶりのこと。本展は、ガリエラ宮パリ市立モード美術館およびパリ・ミュゼとのパートナーシップとシャネルによる特別協賛のもと、三菱一号館美術館にて開催されます。

ガブリエル シャネルによるモダニティを基調としたファッションの概念は、今日もなお、その影響力を失うことはありません。シンプルさ、動きやすさ、実用性、そしてエレガンスに基づいた美学を提唱することにより、女性のワードローブを新たに考案し、より高まっていた社会的自由を求める女性たちの声に応えたガブリエル シャネル。本展では、彼女のキャリアの軌跡や、そのスタイルの誕生と進化をご紹介します。

「ガブリエル シャネルの生き様が纏われていると、この展示を見て思います」

小松菜奈

フィルムを観る

「対峙したときに、自分がこの世界観に一気に入り込めた感じがします」

宮沢氷魚

フィルムを観る

THE EXHIBITION IN
5 THEMES

本展覧会では、ガブリエル シャネルによるクリエイションと、彼女の作品の数々がファッションの歴史だけでなく社会に与えた影響力についてもご紹介しています。

フィルムを観る

アンバサダーである小松菜奈、宮沢氷魚、飯島望未、そして俳優の杏、橋本愛、霧島れいか、長谷川京子、大政絢、夏子、茅島みずき、奥平大賢、モデルの冨永愛などのゲストたちが東京にて開催された 「ガブリエル・シャネル展 Manifeste de Mode」のオープニング イベントに来場しました。

オープニングのハイライト

小松菜奈や宮沢氷魚、杏、橋本愛、長谷川京子、大政絢、茅島みずきが、ガブリエル シャネルの最も象徴的な作品の数々に想いを馳せます。

フィルムを観る
本サイトの利用条件: 価格表示について. こちらをクリック