ヒストリック コレクション

1932

説明書 (PDF 36 KB)

時計のお手入れ

電池の寿命

2年~4年(モデルにより異なります)

ムーブメント

クォーツ

メンテナンスの頻度

防水機能検査:2年に1回(水に濡れることが多い場合は1年に1回)
メンテナンス:4~5年に1回

  • 防水性

    シャネル ウォッチの防水性は、裏蓋の魚のマークの横に刻印されています。ただし、ストラップのダメージを避けるため、ウォッチを完全に浸水させることは避けてください。

    防水機能はパッキンにより確保され、ほこりや水がウォッチの内部に浸入することを防ぎます。ウォッチの防水性を保つため、ご使用開始から2年ごとにパッキンを交換することをお勧めします。また、海やプールでウォッチを長時間使用された場合は、シャネルの時計技術者による防水機能検査を毎年受けることをお勧めします。 決して水中でリュウズ操作をおこなわないようにしてください。リュウズが引き出されていると、ケース内に水が浸入してしまいます。また、高温、石鹸、および蒸気による防水パッキンのダメージを防ぐため、スパやバスルームにはウォッチを持ち込まないでください。

    サファイア クリスタルの内側に見られる結露は、ウォッチ内部への水分の浸入を意味します。早急に点検を依頼されることをお勧めします。

  • ムーブメント

    クォーツモデルは、電池を動力源としています。電池の寿命はモデルにより異なります(2年~4年)。電池切れになった場合または電池電圧が低下してきた場合(モデルによっては秒針が4秒ごとに動いてお知らせします)、すみやかに電池交換することをお勧めします。使用済みの電池をそのままにしておくと液漏れが発生し、ムーブメントに損傷を与える場合があります。

    注意:カレンダー合わせは、午後10時から午前1時の間を避けてください。

  • ブレスレット

    ストラップのダメージを防ぐために、水に濡らさないようご注意ください。

    お手入れには化学製品(石鹸、アルコール、溶剤等)を使わずに、柔らかい乾いた清潔な布をお使いください。

  • メンテナンス

    時計は、24時間毎日作動する数少ない製品のひとつです。シャネルでは、ウォッチの精度を保ち末永くご愛用いただくために、適切なツールや部品を揃えているシャネルのリペアセンターにて、定期的なメンテナンスをお勧めしています。お客様のシャネル ウォッチの修理やメンテナンスを正式におこなう資格があるのは、シャネルの時計技術者のみとなります。

    メンテナンスの推奨頻度:

    2年に1回:以下のメンテナンスサービス

    1. 裏蓋の開閉
    2. ムーブメントの作動検査
    3. クォーツウォッチの電池交換またはオートマティックウォッチのムーブメント調整
    4. 部品の取外しと超音波洗浄(一部モデルを除く)
    5. 不具合部品の交換
    6. 再組立てと防水パッキンの交換
    7. 必要に応じて、バネ棒やネジの交換(有料)
    8. 防水機能検査
    9. ブレスレットおよびクラスプの全体点検
    10. 作動点検:クォーツ モデル48時間、オートマティック モデル72時間、クロノグラフ モデル96時間

    4~5年に1回:以下のトータルサービス

    1. 裏蓋の開閉
    2. オートマティックウォッチ:分解、部品クリーニング、巻き上げ、ムーブメントの調整
    3. クォーツ ウォッチ:ムーブメントと電池の交換
    4. 時計の分解、不具合部品の交換
    5. ステンレススティール製、ゴールド製部品の軽ポリッシュ作業(J12を除く)
    6. 外装部品の超音波洗浄
    7. 再組立てと防水パッキンの交換
    8. 必要に応じて、バネ棒やネジの交換(有料)
    9. 防水機能検査
    10. ブレスレットおよびクラスプの全体点検
    11. 作動点検:クォーツ モデル48時間、オートマティック モデル72時間、クロノグラフ モデル96時間