CHANEL NEWS

credits
credits

© Anne Combaz

the-cape

© Anne Combaz

THE CAPE

カール ラガーフェルドにより再解釈されたバーサ カラー。2015/16メティエダール コレクション パリ イン ローマでは、ドレスやコートの上に羽織るケープとして登場しました。

credits
credits

© Oriani & Origone - courtesy Cabana Magazine

detail-of-a-dress-2015-16-metiers-d-art

© Oriani & Origone - courtesy Cabana Magazine

DETAIL OF A DRESS
2015/16 MÉTIERS D'ART

フランスの雑誌『Cabana』2016年春夏号のために撮影された 2015/16 メティエダール コレクション パリ イン ローマのドレス。小さなビーズとホワイト レザーで作られた「ファルファーレ」リボンが刺繍されているこのドレスは、メゾン ルサージュの協力を得てカンボンのアトリエで誕生しました。

credits
credits

© Benoit Peverelli

colors-and-fabrics

© Benoit Peverelli

COLORS AND FABRICS

シャネルの伝統的なベージュやブラックと混ざり合うのは、晩秋のローマを象徴する色調。ブラウンやオークル、オレンジなどのカラーパレットがツイードやモヘア、レザーを彩ります。

credits
credits

© Anne Combaz

metiers-d-art-know-how-1-tweed-and-embroideries

© Anne Combaz

MÉTIERS D'ART KNOW-HOW
1. TWEED AND EMBROIDERIES

すべては、カール ラガーフェルドが描くコレクションのスケッチから始まります。そのスケッチをもとに、スタジオとアトリエ、メゾンダールが話し合いを重ねて創り上げていきます。

ルマリエのアトリエ
スタジオが承認したサンプルを用いて、トレーシングペーパーにデザインを描きます。バランスよく配置されたレザーの花や葉のモチーフ、小さな四角形に裁断したツイードやレースが決められた位置に縫い付けられ、ラインストーンがあしらわれます。

シャネルのアトリエ

刺繍が施されたレースはカンボン通りのアトリエに送られ、デザインに合わせて仕立てられていきます。木製のマネキンにケープやドレスを着せ、プロポーションやシルエットがカール ラガーフェルドのイメージに沿っているかをチェックします。

カール ラガーフェルドのスタジオ
ケープとドレスにアクセサリーを合わせます。最終的にルックは、ショーの数日前に行われる最後のフィッティングで、カール ラガーフェルドの承認を待つことになります。

メティエダール コレクション「パリ イン ローマ」は、全国のシャネル ブティックにてご紹介しています。

シェア

リンクがコピーされました