CHANEL NEWS

00/10
chanel-the-karl-lagerfeld-campaigns

'CHANEL:
THE KARL LAGERFELD
CAMPAIGNS'

カール ラガーフェルドが手がけてきたシャネルのキャンペーンを讃える初めての写真集 ― Patrick Maurièsによるエッセイと共に600点以上のキャンペーン ビジュアルをおさめた『CHANEL: the Karl Lagerfeld campains』を出版します。

1987年から現在に至るまでメゾンのアーティスティック ディレクターを務めてきたカール ラガーフェルド。彼の目とレンズを通して捉えたシャネルの世界を本作でご覧いただくことができます。その時代を象徴するモデルやセレブリティがまとうプレタポルテやオートクチュール コレクションのキャンペーン。イネス ド ラ フレサンジュをはじめ、クラウディア シファーやケイト モス、クリステン スチュワートなどを起用したキャンペーンの撮影は、ガブリエル シャネルのパリのアパルトマンやフレンチ リヴィエラといった、世界各地の魅力的なロケーションで行われています。

出版:Thames & Husdon, 2018年

00/11
karl-lagerfeld-and-dance

KARL LAGERFELD AND DANCE

「クラシックバレエでは完璧なものしか許されない」とカール ラガーフェルドは説明します。「私はモンテカルロ歌劇場、ミラノのスカラ座、パリのオペラ座などでコスチュームデザインを手がけました......バレエは並みの才能ではやっていけない芸術なのです!」
あらゆる芸術に情熱を傾けるカール ラガーフェルドは、ダンスの世界とシャネルの関わり方を探求し続けており、『瀕死の白鳥』に出演したエレナ グルージズェの衣装の制作や、バランシン振付の『ブラームス=シェーンベルグ カルテット』の舞台セットとコスチュームのデザインをはじめ、さまざまな作品に携わっています。今後も数多くの振付家たちとのコラボレートを続けていくことで、ガブリエル シャネルのダンスへの愛情が受け継がれていくのです。

シェア

リンクがコピーされました