CHANEL NEWS

メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4
メディア 5
メディア 6
メディア 7
メディア 8
メディア 9
メディア 10
メディア 11
メディア 12
メディア 13
メディア 14
メディア 15
メディア 16
メディア 17
メディア 18
メディア 19

00/19

mood-of-the-show

MOOD OF THE SHOW

緑の草木が生い茂る庭園を舞台に、カール ラガーフェルドによる2018年春夏 オートクチュール コレクションがグラン パレで発表されました。彫刻のようなシルエットに、カンボン通り31番地のアトリエによるビーズやストーン、フェザーのエンブロイダリーがあしらわれています。フラワーの刺繍やレースなど、さまざまな装飾がカール ラガーフェルドの手がけた新しいシルエットを引き立てています。

airy-figures
credits
credits

© Jesper Haynes

airy-figures

© Jesper Haynes

AIRY FIGURES

淡いピンクのルックで登場したモデルのカイア ガーバー。フェザーをあしらい、ふんわりとしたベビードール スリーブをアクセントにした丸みのある優雅なドレスをまとっています。フラワー エンブロイダリーをあしらったヴェールとアンダースカートの軽やかな羽根飾りが描く美しいコントラスト。ドレープの入ったビスチェが、カイア ガーバーの足取りに合わせて揺れています。

floral-assortment
floral-assortment

FLORAL ASSORTMENT

プリントやエンブロイダリー、レースなど、あらゆる花々が散りばめられたコレクション。アネモネやバターカップの花束、ウィステリアやカーネーションの花びらが、シャネルを象徴する伝統的な花であるカメリアと見事に調和しています。葉をかたどったストーンやフローラル レース、ボタニカル モチーフやフラワーモチーフのエンブロイダリーが、モスリンで仕立てたドット模様のビスチェ ドレスやイヴニング ガウンを飾ります。チュールやフェザーのティアード スカートのルックは、まさに満開を迎える花のよう。軽やかに流れ落ちるようなスカートには、水彩画で描いたようなカラフルな花びらがプリントされています。

the-haute-couture-suit
credits
credits

© Jesper Haynes

the-haute-couture-suit

© Jesper Haynes

THE HAUTE COUTURE SUIT

ショーのオープニングには、ダークレッドのツイード アンサンブルを纏ったルナ ベイルが登場しました。アイコニックなテーラード ジャケットは微かな裾の広がりとラウンドショルダーが特徴的です。前面にさりげなく配した2つのポケットに、時折モデルたちが手を忍ばせます。この「スマイリングポケット」は、カール ラガーフェルドが考えるオートクチュールの「新しいスタイル」の象徴。ストレート スカートの曲線的なスリットは、丸くカットされたベストのフロント部分を思わせます。ルックを完成させるのは、コスチューム パールとスパンコールが輝くアンクルブーツです。

メディア 1
メディア 2
メディア 3

00/3

french-formal-garden

© Olivier Saillant

BOSQUET

2018年春夏 オートクチュール コレクション ショーのためにグラン パレにしつらえられたのは、池や植栽を配した17世紀のフランス式庭園。葉や樹木を絡ませたアルコーブが周囲を囲み、ステージの中央では噴水が高い水しぶきを上げています。4つのエントランスゲートを構えた回廊を行き交うモデルたち。ゲストはベンチに座ってショーを堪能しました。

メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4
メディア 5
メディア 6
メディア 7
メディア 8
メディア 9

00/9

in-karl-lagerfeld-s-studio0

© Olivier Saillant

IN KARL LAGERFELD'S STUDIO

アーティスティック ディレクターのカール ラガーフェルドにより2018年春夏 オートクチュール コレクションの顔に選ばれたルナ ベイル

#CHANELHauteCouture

A NEW ALLURE OF HAUTE COUTURE

カール ラガーフェルドによる2018年春夏 オートクチュール コレクションがパリのグラン パレで発表されます。

シェア

リンクがコピーされました