CHANEL NEWS

00/23
highlights-from-the-haute-couture-show

HIGHLIGHTS FROM THE
HAUTE COUTURE SHOW

「オートクチュールの都、パリ」
パリの風景や音にインスパイアされ、カール ラガーフェルドによって息吹を吹き込まれた2018/19年秋冬 オートクチュール コレクション。フランス学士院が再現されたパリのグラン パレには、ペネロペ クルスやリリー=ローズ デップ、ヴァネッサ パラディ、ファレル ウィリアムスなどシャネルのアンバサダーが来場し、コレクションを堪能しました。

#CHANELHauteCouture

high-profile-silhouette

HIGH PROFILE SILHOUETTE

2018/19年秋冬 オートクチュール コレクションを特徴付けるジッパーは、ツイード スーツやイヴニング ガウンに取り入れられ、素材に新たな表情を添えています。ジャケットのスリーブにブレードを刺繍したジッパーから、ロング フィンガーレス グローブがのぞき、シルクやブロケードのライニングと美しいコントラストを生み出しています。また、ドレスのサイドにあしらわれた深いスリットが、内側にまとったエンブロイダリー ミニスカートをのぞかせます。

variations-on-a-neckline

VARIATIONS ON A NECKLINE

2018/19年秋冬 オートクチュール コレクションには、カール ラガーフェルドによる様々なネックラインのデザインが登場しました。フランス学士院の会員がまとった礼服を想起させるハイカラーをはじめ、パフ スリーブに合わせたヴィクトリア調のレース カラーは、パリジェンヌのファッションを映し出しています。タブ カラーやラッフル、リボン カラーがシルエットを組み立て、フェザーが刺繍された肩を覆うようなワイド カラーは、より柔らかなラインを描いています。

シェア

リンクがコピーされました