CHANEL NEWS

メディア 1
メディア 2

00/2

chn-margot-robbie-2020-academy-awards-title

© Getty

MARGOT ROBBIE
2020 ACADEMY AWARDS

第92回アカデミー賞授賞式で、ネイビーブルーのシルク ドレスを着用したメゾンのアンバサダー、マーゴット ロビー。

#CHANELinCinema

 
メディア 1
メディア 2

00/2

chn-margaret-qualley-2020-academy-awards-title

© Kevin Mazur

MARGARET QUALLEY
2020 ACADEMY AWARDS

第92回アカデミー賞授賞式に出席したメゾンの友人、マーガレット クアリー。2019/20年秋冬 コレクションよりブラック サテンとチュールのドレスを着用しました。

#CHANELinCinema
#CHANELHauteCouture

 
メディア 1
メディア 2

00/2

chn-hildur-gudnadottir-2020-academy-awards-title

© Getty

Hildur Guðnadóttir
2020 ACADEMY AWARDS

アカデミー賞作曲賞を受賞したアイスランドの作曲家、ヒドゥル グドナドッティル。ブラック サテンのリボンやクリスタルが刺繍されたシャネルのドレスを着用しています。

#CHANELinCinema
 

 
メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4
メディア 5
メディア 6
メディア 7
メディア 8
メディア 9
メディア 10

00/10

chn-2020-chanel-charles-finch-pre-oscars-dinner-title

2020 CHANEL & CHARLES FINCH
PRE-OSCARS DINNER

シャネルをまとったマーゴット ロビーやペネロペ クルス、ソフィア コッポラ、マーガレット クアリ―、テイラー ラッセル、フィービー トンキン、レスリー マン、パク スジュ、ケイトリン ディーヴァー、ルーシー ボイントン、ラシダ ジョーンズ、ケニヤ キンスキー ジョーンズが、シャネルとチャールズ フィンチ共催のアカデミー賞プレディナーに出席しました。

#CHANELinCinema

 
chn-lily-rose-depp-2020-bafta-awards-title
credits
credits

© Greg Williams

chn-lily-rose-depp-2020-bafta-awards-title

© Greg Williams

LILY-ROSE DEPP
2020 BAFTA AWARDS

2020年英国アカデミー賞(BAFTA)の授賞式に出席したメゾンのアンバサダー、リリー=ローズ デップ。2019/20年 パリ-カンボン通り31番地 メティエダール コレクションのジャンプスーツにシルク ドレスを合わせたブラックの装いで登場しました。

#CHANELinCinema
#CHANELMetiersdArt

 
メディア 1
メディア 2
メディア 3

00/3

chn-margot-robbie-2020-bafta-awards-title

© Getty

MARGOT ROBBIE
2020 BAFTA AWARDS

メゾンのアンバサダーであるマーゴット ロビーが、出演作である『スキャンダル』と『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の2作品で、英国アカデミー賞(BAFTA)にノミネートされました。授賞式では、2020年春夏 オートクチュール コレクションより、シルク シフォンのブラック ロング ドレスを着用し、シャネルのファイン ジュエリーとメークアップを合わせています。

#CHANELinCinema
#CHANELHauteCouture

 
chn-spring-summer-2020-haute-couture-show-as-seen-by-amy-verner-
chn-spring-summer-2020-haute-couture-show-as-seen-by-amy-verner-

SPRING-SUMMER 2020
HAUTE COUTURE SHOW
AS SEEN BY AMY VERNER

“Outside the Grand Palais, the Paris sky was crystal clear and the air was cold and crisp. Inside, filtered through the building’s soaring glass dome, the sharp midday light had softened upon a veritable springtime scene: an evocation of the cloister garden of the Cistercian Abbey of Aubazine. 
 
Shrubs of lavender and rosemary, clusters of roses and jasmine, a plot of purple kale and leaves of chard, and a trellis of delicately suspended tomatoes appeared as though they had been growing in this garden for ages. There were weathered stone benches and a central fountain from which water flowed. As guests arrived, the greenness of the plants, the earthy ground cover and a trace of floral fragrance lingered in the air. Was this what Gabrielle Chanel would have smelled in her years at the abbey’s orphanage? Did she visit the garden to daydream?
 
In this tranquil space, envisioned by Virginie Viard for the CHANEL Spring-Summer 2020 Haute Couture show, the evocation of memory felt at once intimate and wondrous. As the models arrived through screens of sheets that had been arranged like bed linens hanging out to dry, each silhouette seemed to be an interwoven assertion of innocence and maturity. The House’s infinite translations of black and white can be traced back to this period of Gabrielle Chanel’s life. If the black dress worn by Gigi Hadid referenced this sobriety in plainest terms, the collection also played out with modernity and ease.
 
There were the collars — from pelerine to Peter Pan — that referenced classic school uniforms; only now, they had been rendered in exquisite lace and embroideries. Harmonies of tulle and tweed cast the structured looks with lightness. Interlacing patterns against a sequin pastel backdrop were the very essence of sunlight streaming through stained glass windows.
 
When reflecting on what makes beauty timeless, simplicity and sophistication come to one’s mind. As models took their final walk to the up-tempo music, it seemed that Virginie Viard was honouring this fundamental CHANEL narrative. From that secret garden have the inspirations and creations bloomed forth.”

#CHANELHauteCouture

シェア

リンクがコピーされました