CHANEL NEWS

credits
credits

© Olivier Saillant

a-walk-by-the-seine

© Olivier Saillant

A WALK BY THE SEINE

本のコレクターであり読書家でもあるカール ラガーフェルドが、パリの文学的遺産への敬意を表して発表した、2018/19年秋冬 オートクチュール コレクション ショー。セーヌ川のほとりを舞台に、18世紀よりフランス文化の影響を象徴しているフランス学士院がしつらえられ、 ブックスタンドのあるロマンティックなパリの街並みが再現されました。

#CHANELHauteCouture

00/7
haute-couture-photographed-by-karl-lagerfeld

HAUTE COUTURE
PHOTOGRAPHED BY KARL LAGERFELD

パリのグラン パレで行われるショーに先駆けて、カール ラガーフェルドにより2018/19年秋冬 オートクチュール コレクションの撮影が行われました。

#CHANELHauteCouture

© Olivier Saillant
00/10
behind-the-scenes-fall-winter--2018-19-haute-couture-shoot

© Olivier Saillant

BEHIND-THE-SCENES
FALL WINTER 2018/19
HAUTE COUTURE SHOOT

ヴィットリア チェレッティがまとう2018/19年秋冬 オートクチュール コレクション。ショーに先駆けてカール ラガーフェルドにより撮影が行われました。

#CHANELHauteCouture

haute-couture-according-to-karl-lagerfeld

HAUTE COUTURE ACCORDING
TO KARL LAGERFELD

1915年に初めてガブリエル シャネルがクチュール メゾンをオープンして以来、シャネルの本質であるオートクチュールについて、カール ラガーフェルドは次のように表現しています。“Haute Couture is an island of dreams and escapism. It is the utmost luxury which transcends fashions and crosses time.” 唯一無二のノウハウにより息吹を吹き込まれるオートクチュールの真髄は、デザイナーが描くビジョンと、メゾンダールの熟練の技をもって昇華される完璧なカットとディテールにあります。全面に刺繍を施した類まれな作品を象徴するのは、その緻密なラインとシェイプ、構造です。このように、高い水準を誇る技術と忍耐によって、オートクチュールは制限や制約のない自由な発想を可能にしているのです。

シェア

リンクがコピーされました