CHANEL NEWS

00/8
the-coco-neige-collection

THE COCO NEIGE COLLECTION

カール ラガーフェルドが生み出した、ウィンタースポーツのためのココ ネージュ コレクション。マーゴット ロビーがキャンペーンの顔を務めるこのスポーツウェアは、都会的なプレタポルテに機能性を取り入れたワードローブです。ツイードのルックやノルディック柄のプルオーバー、パッドやダウンが入ったソフトなジャケット、ダブルCを施したマウンテン用アクセサリーなど、アルプスのライフスタイルが想起されるルックの中にシャネルのコードが散りばめられています。

コレクションはシャネル ブティックと chanel.com にてご紹介しています。

#CHANELCocoNeige

00/8
margot-robbies-coco-neige-journey-in-paris

MARGOT ROBBIE’S
COCO NEIGE JOURNEY IN PARIS

ココ ネージュ キャンペーンの顔を務めるオーストラリアの女優マーゴット ロビー。カール ラガーフェルドによるキャンペーン撮影のため、カンボン通り31番地に招待されました。

有名な鏡張りの階段をのぼりメゾンのアンバサダーがたどり着いたのは、オートクチュール サロンと、当時の姿のままのガブリエル シャネルのアパルトマンです。

ココ ネージュ コレクションの詳細は chanel.com

THE ARRIVAL OF COCO NEIGE

シャネルが初めて発表するココ ネージュ コレクション。スキーの世界観とシャネルのコードを結び付け、カール ラガーフェルドが生み出した、ウィンター スポーツのための新たなコレクションです。

コレクションはシャネル ブティックと chanel.com にてご紹介しています。

#CHANELCocoNeige

gabrielle-chanel-in-st-moritz

GABRIELLE CHANEL
IN ST. MORITZ

ガブリエル シャネルが1930年代の冬を過ごしたスイスアルプスのスキーリゾート、サンモリッツ。友人に囲まれてゲレンデへ向かう彼女のルックは、まさにシャネルそのもの。ジャージー トップにウィップコードのウール パンツを合わせた、その大胆なスタイルに影響を受けて、同じくスキーを楽しむ女性たちも動きやすいウェアをまとうようになりました。ココ ネージュ コレクションでは、シャネルが愛したウィンター スポーツのスピリットにカール ラガーフェルドが新たな解釈を与えています。

ココ ネージュ コレクションは chanel.com にてご紹介しています。

00/3
contrasting-color-of-the-pre-collection

CONTRASTING COLORS
OF THE PRE-COLLECTION

チャコール グレーからフューシャまで、幅広いカラーパレットで展開された格子織のツイード スーツ、ウール コートやニットがコレクションをカラフルに彩ります。

コレクションはシャネル ブティックと chanel.com にてご紹介しています。

00/2
the-structured-look-of-the-pre-collection

THE STRUCTURED LOOK OF
THE PRE-COLLECTION

ラウンド ショルダーや細いウエスト、曲線的なラインが描く、2018/19年秋冬 プレコレクションの構築的なシルエット。

コレクションはシャネル ブティックと chanel.com にてご紹介しています。

00/3
behind-the-scenes-of-the-pre-collection-shoot-

© Olivier Saillant

BEHIND-THE-SCENES OF
THE PRE-COLLECTION SHOOT

2018/19年秋冬 プレコレクションの顔にアドゥ アケチが起用されました。撮影はカール ラガーフェルド。

#CHANELFallWinter

FALL-WINTER 2018/19
PRE-COLLECTION

2018/19年秋冬 プレコレクションでカール ラガーフェルドが表現したのは、シンプルなモノクロームに差し色がアクセントとなったルックの数々。

コレクションはシャネル ブティックと chanel.com にてご紹介しています。

credits
credits

© Quentin de Ladelune

fall-winter-2018-19-haute-couture-collection

© Quentin de Ladelune

FALL-WINTER 2018/19
HAUTE COUTURE COLLECTION

セーヌ川のほとりを再現した舞台は、ブックスタンドやフランス学士院のドーム型の屋根が2018/19年秋冬 オートクチュール コレクション ショーにパリの趣をもたらしました。

オートクチュール コレクションは毎シーズン、刺繍や羽根細工、グローブ、シューズなどのメティエダール アトリエとシャネルのアトリエとのコラボレーションを讃えています。その類まれなサヴォアフェールが、カール ラガーフェルドの作品に命を吹き込みます。

今シーズンを象徴するのは、メゾンを代表するツイード スーツやイヴニング ドレスのブレードに装飾されたジッパーが描き出すライン。袖にあしらったジッパーからはコースが手がけたレザーのロング フィンガーレス グローブが、スカートやドレスのスリットからはエンブロイダリー ミニスカートがコントラストを演出します。

マサロのカフ付きローヒール アンクルブーツに、ルマリエの羽根細工をあしらったメゾン ミッシェルのベルベット ヘッドピースをまとった、パリジェンヌの大胆で洗練されたエレガンス。トロンプルイユ ドレスや、プリーツ スカートと合わせたロングコートやジャケットは、淡いグレーやアンスラサイト(無煙炭色)、ブラックのパレットで登場し、ミッドナイト ブルーや海を思わせる色調がフランスの首都に溢れる色彩を呼び起こします。ツイードやフランネル、ベルベット、クレープ、レース、タフタ、シフォン、シルク ラジミールは、ルサージュやアトリエ モンテックスによるクリスタルやビーズ、スパンコールの刺繍で豊かに彩られています。

構築的なラインと細かいディテールが融合したイヴニングの装いはボリュームと透明感の戯れ、ふんだんに装飾を施したトップと無駄を削ぎ落したスカートの対比、ヘムが描く生き生きとしたシルエット。バブル スカートに合わせたビスチェ、スパンコール ジャケットやロング バブル スカートに合わせたトップスにはフェザーがあしらわれ、ベルベットのリトル ブラック ドレスに合わせた短いシルバーのペニョワール、色とりどりの花が刺繍された黒いベルベットの着物風の羽織など。シフォンやシルク ジョーゼット、チュール、ベルベット、タフタなどのファブリックが、シャネルのアトリエの職人技をより美しく昇華させます。アカデミー フランセーズの会員の礼服にインスパイアされた、淡いグリーンの葉を刺繍したツイードをまとって登場した花嫁が、コレクションのスピリットを見事に表現しています。

フランソワーズ=クレール プロドン

#CHANELHauteCouture

00/9
behind-the-scenes-of-the-haute-couture-show

BEHIND-THE-SCENES
OF THE HAUTE COUTURE SHOW

モデルのHe CongやAdrienne Jüliger、Jana Tvrdikova、ルース アベルス、レア ジュリアン、Vanessa Hartog。2018/19年秋冬 オートクチュール ショーのバックステージにて。

#CHANELHauteCouture

Condividere

Il link è stato copiato