CHANEL NEWS

the-30th-edition-of-the-international-festival-of-fashion-and-ph

CHANEL, GUEST OF HONOUR AT THE 30TH INTERNATIONAL FESTIVAL OF FASHION AND PHOTOGRAPHY AT HYÈRES

2015年4月23日から27日まで、南フランス イエールのヴィラ ノアイユにて、第30回イエール国際モード&写真フェスティバルが開催されます(写真の展示は5月24日まで)。ジャン=ピエール ブランが指揮を執り、ディディエ グランバックが主宰する同フェスティバルは毎年、ファッションと写真の各分野において若手アーティストの活動を奨励し、支援することを目的に実施されています。フェスティバルのパートナー各社の協賛により、参加する若手アーティストにはさまざまな賞が授与されます。

シャネルはこのたび、2015年4月23日から27日まで開催されるイエール国際モード&写真フェスティバルに名誉招待されました。会場となるヴィラ ノアイユは、1920年代に建築家のロベール マレ=ステヴァンスが、芸術家たちのパトロンだったシャルル&マリー=ロール ド ノアイユ夫妻のために建てたもの。カール ラガーフェルドは第30回目を迎える同フェスティバルのアート ディレクターに就任します。ファッション部門ではシャネルのクリエイティブ スタジオ ディレクター、ヴィルジニー ヴィアールが、また写真部門ではシャネル ファッションのイメージ ディレクター、エリック フルンデールがそれぞれ審査委員長を務めます。

ファッション部門の審査委員会により、ファイナリストに選出された10名のファッション デザイナー: Anna Bornhold, Christina Braun, Yiyu Chen, Sophie Harand, Heini-Maria Hynynen & Elina Aarela, Elina Maattanen, Guillem Rodriguez Bernat, Sophie Salekari, Annelie Schubert, Wieke Sinnige
写真部門の審査委員会により、ファイナリストに選出された10名のフォトグラファー: Jeannie Abert, Sushant Chhabria, Sjoerd Knibbeler, Wawrzyniec Kolbusz, Evangelia Kranioti, David Magnusson, Filippo Patrese, Thomas Rousset, Polly Tootal, Oezden Yorulmaz

00/15
backstage

BACKSTAGE AT THE HAUTE COUTURE SHOW

2015春夏 オートクチュール コレクション ショーのバックステージ

by Benoit Peverelli


spring-summer-haute-couture-2015-the-wedding-dress

THE WEDDING DRESS
SPRING-SUMMER HAUTE COUTURE SHOW

シャネルの2015春夏 オートクチュール コレクション ショーを締めくくるルックとしてカール ラガーフェルドがデザインしたのは、ロマンティックかつモダンで、このうえなく優美なウェディングドレスでした。花の女神フローラからインスピレーションを得て生まれた、おとぎ話に出てきそうなこのドレスは、ルマリエのアトリエで10数人の職人たちの手により、3000を超えるパーツを集めて1ヶ月以上かけて仕立てられました。

ショートスリーブのトップにはスパンコールの刺繍が施され、フレアになった裾の下には長いトレーンが広がり、花園のように花々が散りばめられています。繊細なピンクが時折のぞく淡い色づかい。無垢な花びらを巧みに重ねたコラージュには、シフォンやオーガンザ、ホワイトのプラスティック装飾、ラインストーン、パールが組み合わされています。伝統的な白いベールの代わりに、カール ラガーフェルドは雲のようなチュールが覆う、大きなつばの帽子を用いました。

フランソワーズ=クレール プロドン

Photo by Olivier Saillant

シェア

リンクがコピーされました