CHANEL NEWS

メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4
メディア 5
メディア 6
メディア 7
メディア 8
メディア 9
メディア 10
メディア 11
メディア 12
メディア 13
メディア 14
メディア 15
メディア 16

00/16

fall-winter-show

THE READY-TO-WEAR SHOW
BY ELISABETH QUIN

カントリーシックな春夏コレクションに続いて、この冬、シャネルは北極へ向かいます。グラン パレのグラスルーフが映し出すのは、氷塊から切り出した巨大な氷山。氷山から溶け出した水はフィヨルドを思わせるブルーの色をたたえてフロアを覆います。ショーの陽気なプロローグに登場したのは男女のイエティの一団。フェイクファーのフードつきジャンプスーツに身を包み、静かにランウェイを進みます。カール ラガーフェルドのインスピレーションは、気候変動や異常気象から、金融危機の終焉を期待する楽観論にまで広がっています。ユーモアやファンタジー、モダニティー(現代性)によって、シャネルのプレタポルテに新たなアイコンを打ち立てたいとのカール ラガーフェルドの願いから、ラグジュアリーで魅力的、かつ実用的なコレクションが生み出されました。

あらゆるところに取り入れられているファーは、カールが生み出した「ファンタジーファー」(「フェイク」や「人工毛皮」よりもずっとエレガントなネーミングとして)。ジャケットや、ロバート ライマンの絵画を思わせる白いロングコートの裾を飾ります。夜の帳がおりる頃、冠雪の光に輝く白い「トワイライト」ドレスのアクセントにもファーが使われています。シャネルを象徴するツイードに編み込まれているファーもきわめて効果的に、水晶や苔、冬季の鳥の羽毛、あるいはホッキョクグマのやわらかな毛皮を連想させます。

チョコレートバーのようにニットとファーが縫い合わされたデザインが印象的なコート。スーツのジャケットには輝くクリスタルのピンを使った刺繍が施され、チェリーレッドののドレスを飾るフリンジは、まるで鍾乳石のようです。膝上の丈が多い今回のコレクションですが、そのシルエットに力強さとゆったりとしたボリューム感を与えたのは、寒さから身を守るためのファー。氷柱のようなヒールのファーブーツや白のショートブーツには、スキーのアイディアを取り入れて、実用的な透明のブーツカバーが付いています。魅力あふれるファンタジーファーのストレートパンツは、普通ならフェミニンなはずのシルエットなのに、ユニセックスで謎めいた印象を与えます。このコレクションで次々に現れる豊かなメタファー(隠喩)。それは、独創的で超現代的な 『氷の女王』 から着想を得たもの。彼女はアイスキューブをモチーフにしたハンドバッグを抱え、雪が霜で覆われて輝いているようなネックレスを胸にまとっています。氷の結晶の刺繍が施され、美しく長い裾を引き、真っ白なチュールやニット、レースがふんだんに用いられた純白のドレスが、暗い夜を明るく照らします。太陽が決して昇らない、長い極地の夜が終わるまで。

メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4
メディア 5
メディア 6
メディア 7
メディア 8
メディア 9

00/9

ready-to-wear-fall-winter-201011

MAKING OF THE PRESS KIT

2010/11秋冬 プレタポルテ コレクション プレスキット写真撮影
Studio 7L(パリ)にて

メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4
メディア 5
メディア 6
メディア 7
メディア 8
メディア 9
メディア 10

00/10

off-the-catwalk-2

OFF THE CATWALK

2010/11秋冬 プレタポルテ コレクション ショー会場
グラン パレ(パリ)にて

vanessa-paradis-coco-cocoon
vanessa-paradis-coco-cocoon

KARL LAGERFELD & VANESSA PARADIS,
A REUNION OF TWO ICONS

フレグランス、ビューティー、ファッション、アクセサリー。ジャンルを超えて、ヴァネッサ パラディと シャネルの物語は続いていきます。カール ラガーフェルドは、女優、シンガー、作曲家などのあらゆる顔を軽やかに使い分ける才能豊かなヴァネッサ パラディに魅了されているのです。アーティストとデザイナーとして、長きにわたる友情を培ってきた二人は、2004年の「カンボン」ラインの広告キャンペーンに始まり、2005年の「ニュー マドモアゼル」など、数多くのコラボレーションを成功させてきました。最近では、2009年12月の「パリ-上海」コレクション ショーで開催されたパーティー、キャバレー シャネル クラブ(Cabaret Chanel Club)に彼女が出演し、豊かな音楽の才能を披露しています。

5月、シャネルのミューズ、ヴァネッサ パラディが、ココ コクーンの新しいキャンペーンモデルとして登場します。この春に新しいスタイルが加わって一層充実したココ コクーン。その広告キャンペーンに、カール ラガーフェルド自身がヴァネッサ パラディを撮影しました。大胆さと繊細さを合わせ持ったスタイルが持ち味のヴァネッサのイメージを前面に押し出しています。

coco-chanels-apartment-the-dukes-boxes
coco-chanels-apartment-the-dukes-boxes

COCO CHANEL'S APARTMENT
THE DUKE'S BOXES

1920年代の終わり頃に、ガブリエル シャネルは英国一の富豪であるウェストミンスター公爵と恋に落ちました。アパルトマンのテーブルに置かれているのは、彼から贈られた3つのヴェルメイユのボックス。

実のところ、このボックスは外側の装飾よりも内側のゴールドのほうが貴重なのです。マドモアゼル シャネルが、「自分だけのためにある、内側に秘められたもの」 というラグジュアリーの概念を見い出したのは、ウェストミンスター公爵のおかげでした。この発想はファッションの世界にも即座に取り入れられます。なぜならそれは、マドモアゼル シャネル曰く、「エレガンスとは、外側と同じように内側も美しい」 からです。

メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4
メディア 5
メディア 6
メディア 7

00/7

by-karl-harpers-bazaar

BY KARL
HARPER'S BAZAAR

ロールプレイ: ファッション界の伝説的なアイコンに扮したモデル、アイリスをカール ラガーフェルドが撮影
US版 『ハーパース バザー』 2010年3月号

not-afraid
not-afraid

NOT AFRAID!
"LES VANITES" BY ELISABETH QUIN

いつかは必ず私も死ぬということを、このスカルが示しています。そのことを今、私が見つめているこのスカルは知っているのでしょうか。
永遠の定番モチーフともいえるスカルは、生命とその終焉の象徴。アンドレ マルローは 「人は死体を前にして『なぜだ』とつぶやいた時に生まれるのだ」 と考えました。人は自らの死を意識した時に生を受け、その時から死の謎を追い求め続ける、と。

スケルトンやスカルのモチーフが初めて登場したのは中世でした。15世紀には最初の 「黄金期」 に達し、ヨーロッパではヴァニタス(空虚)画が描かれるようになりました。そして20世紀後半に、このモチーフは再び、猛烈とも呼べる勢いで登場したのです。
古典美術においては、スカルによる死の表現は一般に穏やかで神々しいものでした。死とは教会によって、永遠の命に続く道として約束されていたものだったからです。しかし、近代や現代の美術においては、かつての表現は痛烈に否定され、スカルはより不穏な意味を持つようになり、今となっては恐ろしく、暴力的で脅威的なものとなりました。
第一次世界大戦における大虐殺、マルクス主義と「神は死んだ」というニーチェの言葉の影響、ホロコースト、そして消費主義の台頭……そのいずれもが、西欧文化においてモチーフの意味を著しく変えてきました。今日のスカルは、率直にそして臆面もなく死の不条理を物語ります。自らの魅惑的な醜さ、もしくは恐怖心をそそる美を受け入れ、またさらには、憂鬱さに満ちた不気味なユーモアを含む恐ろしい叫び声を上げるのです。

迷信、それとも恐怖? 神秘への回帰? あるいは人生そのものへの頌歌なのでしょうか? 
スカルが私たちの一部であり続ける限り、時代を超えて、スカルのモチーフは美術館が研究するのにふさわしいテーマだといえるでしょう。マイヨール美術館の特別展 『C'est la vie! De Caravage à Damien Hirst(これぞ人生!カラヴァッジョからダミアン ハーストまでのヴァニタス)』 は、『Livre des vanités(ヴァニタスの書)』 の著者であるエリザベス クインの協力を得て実現したものです。この展覧会を記念して、シャネルはカール ラガーフェルドのデザインによる限定スカーフを製作しました。遊び心にあふれた発想、豊かなユーモアとエレガンス、さらには空虚と虚栄の両方を想起させるスケッチには、シャネルのスーツを身にまとって死と向き合う、人間の謙虚さを示すような姿が描かれています。大腿骨を巧みに重ねた格子模様はシャネルの象徴的なデザインであるキルティングをイメージさせます。マドモアゼル シャネルは、かつてハムレットがそうしたようにスカルを手に持ち、そのまなざしは、まばたきする束の間にこう語るようです。「わかっています……もう少しの間、愛、クリエイション……でもヴァニティ(虚栄)が何になるというのでしょう? わかっていますとも……」 
ユーモアと英知の教訓が打ち出されたきわめてユニークな今回の展覧会に、シャネルはラグジュアリーハウスならではの形で協力しており、製作した1000枚のスカーフは、シャネルとマイヨール美術館の大切な友人たちに贈られます。

各世紀において人が死をどう表現してきたかを回顧する今回の展覧会は、思い出がつまった特別な箱のように、まず私たちを第一次世界大戦までの時代に誘います。そこで私たちは、ポンペイのモザイク画やカラヴァッジョの 『聖フランチェスコ』、スルバランの 『聖フランチェスコ』、ラトゥールの 『聖フランチェスコの法悦』 といった重厚な逸品、バロック時代のミラドーリの静物画、目を見張るようなリゴッツィの作品に出会います。続いて近代美術に移ると、注目すべきはピカソの謎めいた「骸骨と水差しとリーキのある静物画」、そしてベルナール ビュフェの1947年の作品、また、ある米国人の個人コレクションであったためにこれまで埋もれていたセザンヌの名作、さらにはポール デルヴォーのキリストの磔刑を描いたきわめて衝撃的な作品などを目にすることになります。このデルヴォーの作品は、時代が時代ならば教会から除名され、火あぶりの刑に処せられるほどのものといえるでしょう。そして、最後に現代の作品として出会うのは、ジャン=ピエール レイノー、メイプルソープ、ハースト、チャップマン兄弟、バルセロ、ペンク、バスキア、リヒター、ダニエル スポエッリらの作品。こうして、偉大なコレクションを完成すべく今もなおスカルのモチーフはテーマとして取り上げられるのです。

各時代において、芸術家たちは存在と不在、存続と忘却の間の振れ幅を見つめてきました。彼らの作品は、2010年6月28日までマイヨール美術館(住所:61 rue de Grenelle, Paris 75007)に展示されました。

画: カール ラガーフェルド

chanel-reinterprets-the-iconic-slot-machine
chanel-reinterprets-the-iconic-slot-machine

CHANEL REINTERPRETS THE ICONIC SLOT MACHINE

ゲームで遊びながら、シャネルの最新のアクセサリー コレクションをご覧いただける iPhone® 向けアプリケーションを期間限定でリリースしました。

現在、iTunes® では最新のコレクションや Chanel News をお楽しみいただける通常の iPhone® 向けアプリケーションをご利用いただけます。

シェア

リンクがコピーされました