CHANEL NEWS

credits
credits

© Olivier Saillant

the-show-decor

© Olivier Saillant

Tuesday, January 26, 2016

THE SHOW DECOR

2016春夏 オートクチュール ショーのセット。カール ラガーフェルドは会場のグラン パレにミニマリスト ガーデンに囲まれた木造の家を設えました。

© Olivier Saillant
00/12
making-of-the-haute-couture-press-kit

© Olivier Saillant

Tuesday, January 26, 2016

MAKING OF THE PRESS KIT

カール ラガーフェルドによる 2016春夏 オートクチュール コレクション プレスキットの写真撮影

credits
credits

© Anne Combaz

the-landmarks-of-haute-couture-paris

© Anne Combaz

Monday, January 25, 2016

THE LANDMARKS OF HAUTE COUTURE, PARIS

オートクチュールといえば、パリ。誕生したのは1858年、シャルル=フレデリック ウォルトがドレスメイキング サロンを開いたラ ペ通りの一角でした。クチュリエを「サプライヤー」ではなく「クリエイター」と位置づけた彼は、実際のコレクションをモデルに着せ豪奢なサロンで顧客に披露することを、初めて試みたデザイナーでした。

当時のパリは、刺繍や羽根細工、ボタン、靴、グローブ、帽子などの装飾品を手がける小さな専門工房であふれ、世界のどこよりもエレガントなファッションの都として名を馳せていました。

マドモアゼル シャネルは1915年に最初のクチュールメゾンをビアリッツにオープンし、その後、1918年にパリのカンボン通りに移転します。1920年代、さらなる発展を遂げたシャネルは、カンボン通りの23番地、25番地、27番地、29番地、さらには31番地を所有するに至りました。伝説となったカンボン通り31番地は現在、オートクチュールのみを扱う特別な場所となっています。シャネルのすべてのオートクチュール コレクションとオーダーは、ひとつの例外もなく、この歴史的な建物で生み出されています。

シェア

リンクがコピーされました