CHANEL NEWS

メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4
メディア 5
メディア 6
メディア 7
メディア 8

00/8

opening-of-the-house-of-chanel-at-25-rue-francois-sibilli-saint-tropez

OPENING OF THE "HOUSE" OF CHANEL
AT 25 RUE FRANCOIS SIBILLI
SAINT-TROPEZ

日中、屋外で:
6月24日木曜日、午後9時、サントロペのフランソワ シビリ通り25番地に建つシャネルの「メゾン(期間限定ブティック)」に、初めてのお客様が迎えられました。
マンボ ソーシャル クラブ(Mambo Social Club)ブラスバンドの演奏を聴きながらの散歩。木陰でフランスの球技ペタンクを楽しんだり、あるいは童心に戻ってブランコに揺られたり。メゾンの庭は休日の喜びに満ちています。

日中、屋内で:
少し階段を上り、、改装された18世紀の邸宅の中へ。伝統の建築様式と現代的なインスタレーションの対比が見事です。部屋ごとに異なるデザインを楽しみながらの試着やお買い物。120平米のフロアすべてを使い、パリ-上海コレクションのプレタポルテとアクセサリーをご紹介しました。

夜10時、屋外で:
日が暮れると、庭では 『Remember Now』 のオープンエア上映が行われました。この作品はカール ラガーフェルドの最新ショートフィルムで、2010/11クルーズ コレクション ショーで発表されたものです。


paris-shanghai-making-of
paris-shanghai-making-of

PARIS-SHANGHAI
MAKING OF

エピソード2: フィッティング

パリでの最初のフィッティングから上海で開催されたコレクションショーまで、パリ-上海コレクションの全容をご覧いただけます。

coco-chanels-apartment-the-coromandel-screens
coco-chanels-apartment-the-coromandel-screens

COCO CHANEL’S APARTMENT
THE COROMANDEL SCREENS

「18歳の頃から中国の屏風が好きで……中国の物を扱っている店で初めてコロマンデル屏風を見た時は、嬉しくて気を失いそうでした……それが最初の買い物でした……」
(『Chanel Solitaire』 クロード ドレ著より)

マドモアゼル シャネルは32双もの屏風を所有していたと言われています。カンボン通り31番地のアパルトマンにはそのうちの8双の屏風を置き、本来の用途にとらわれずに、壁紙の代わりに壁を飾ったり、プライベートスペースを仕切ったりと、自由に使っていました。
屏風でドアを隠していたとも言われています。彼女は、そうすることでディナーをもてなすゲストを引き止められると考えたのです。

コロマンデル屏風はマドモアゼルがアーサー カペルとともに見出した中国美術への愛を集約したものと言えます。コロマンデルの漆技法は明朝(1368-1644)末期に中国内陸部の湖南省で生まれたものです。主にモチーフとして、神話や宮中の生活、自然への愛などが用いられ、その様式に精神的な深みを与えています。

parisshanghaithe-odyssey
parisshanghaithe-odyssey

PARIS/////SHANGHAI/////THE ODYSSEY

昨年12月、パリから上海へ渡って開催されたメティエダール コレクション。
その「パリ-上海」コレクションが、香港に登場しました。
この旅を表現するため、セレクトショップ「JOYCE」のウィンドウと店内ディスプレイに施された未来的なデコレーション。

JOYCE にシャネルが出店するのは今回が初めてで、プレタポルテとアクセサリー、またシューズを取り揃えてコレクションをご紹介しました。
香港セントラルのニューワールドタワー(新世界大厦)1階にて、7月9日までの期間限定の出店です。

メディア 1
メディア 2
メディア 3

00/3

karl-lagerfeld-editor-in-chief-for-the-day

Karl Lagerfeld, editor in chief
for the day

フランスの新聞 『リベラシオン』 は、6月22日版の特別編集長にカール ラガーフェルドを招聘しました。
シャネルのアーティスティック ディレクターでありフォトグラファー、映画監督、パブリッシャーでもあるカール ラガーフェルドのコメントが同紙の見出しに掲載されるほか、ニュースには直筆のイラストが添えられ、また、彼の独占インタビューも読むことができます。
同日版のリベラシオン紙には、コレクター用に高級紙を使用した24ページの特別版も用意されています。

月曜日の朝に行なわれた記者会見は、Libération.fr から

Copyright Libération、2010年6月

ephemeral-boutique-in-saint-tropez
ephemeral-boutique-in-saint-tropez

EPHEMERAL BOUTIQUE IN SAINT-TROPEZ

この夏、6月23日から10月3日まで、シャネルの期間限定ブティックがサントロペにオープンしました。
18世紀に建てられた邸宅に、ブラック、ホワイト、ベージュ、レッドのシャネルを象徴する色を用いて現代的なデコレーションを施しました。
有名な「リス広場」とカフェ「セネキエ」のテラスを結ぶ道にある、見逃せないスポットです。

メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4
メディア 5

00/5

window-shopping-3

WINDOW SHOPPING

パリ-上海コレクションのウィンドウ ディスプレイ
カンボン通り31番地(パリ)にて

メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4
メディア 5
メディア 6
メディア 7
メディア 8
メディア 9

00/9

by-karl-german-vogue

BY KARL
GERMAN VOGUE

2010年6月号 ドイツ版 『ヴォーグ』 に登場したクラウディア シファー
4月22日、カール ラガーフェルド撮影

karl-lagerfeld-commander-of-the-legion-of-honor
karl-lagerfeld-commander-of-the-legion-of-honor

KARL LAGERFELD, COMMANDER OF THE LEGION OF HONOR

2010年6月3日、カール ラガーフェルドは、ニコラ サルコジ大統領からパリの大統領府エリゼ宮において、フランスの最高勲章レジオン ドヌール勲章のコマンドゥールを授与されました。

カール ラガーフェルドの仲間の職人たちが力を結集して完成させた、この世にひとつしかない特別なこのメダルは、パリ造幣廠の協力のもと、シャネル ファインジュエリーのアトリエで製作されたもの。

ピンク ゴールドのコーティングが施されたメダルには、ホワイト クオーツとダイヤモンドがはめこまれ、贈呈の際、メダルはシャネルのレザーグッズのアトリエで製作されたシャグリーン(鮫皮)製ケースにセットされていました。

写真: ニコラ サルコジ仏大統領、カーラ ブルーニー サルコジ大統領夫人、カール ラガーフェルド

シェア

リンクがコピーされました