CHANEL NEWS

credits
credits

© Olivier Saillant

fw-2016-17-ready-to-wear-collection

© Olivier Saillant

Thursday, March 10, 2016

FW 2016/17 READY-TO-WEAR COLLECTION

グラン パレに壮大なスケールで再現されたカンボン通り31番地のサロン。カール ラガーフェルドが2016/17秋冬 プレタポルテ コレクション ショーのためにしつらえた舞台です。クラシカルでありながら贅を尽くしたこのセットの主役は、鏡張りの支柱に架かるアイボリーのアーチ。グラン パレのガラス天井に届きそうなほど張り巡らされたアーチが、パリの冴えわたる青空の下、その威容さを誇っていました。

ウィロー スミスと母親のジェイダ ピンケット=スミス、ファレル ウィリアムスといった世界的なスター、作家のサイモン リベレーティとエヴァ イオネスコ、さらにはクロチルド エム、イザベル ユペール、アナ ムグラリス、エロディ ブシェーズなどのシャネルを愛するフランスの女優たち――今回のショーに来場したゲストはすべて「フロントロー」に招待されました。かつてマドモアゼル シャネルがコレクションを発表していたオートクチュール サロンのエレガントな趣はそのままに、カール ラガーフェルドは、すべてのゲストがフロントローでコレクションを見られるように創意を凝らしたのです。

「ミッシェル(Michelle ma Belle)」の優しいメロディが流れるなか、丸いつばが特徴的なツイードのボーター ハットとレースのライディング ブーツがファーストルックを飾ります。

フューシャを含む多彩なピンクのカラー パレットに、スパンコールやイリディッセントな輝きをあしらったツイードやニットが登場し、次にブラックのバリエーションが続きます。ブラックとゴールド、ブラックとレザー、そしてブラックのキルティングは、シャネルのジャケットを象徴するパターンに捧げるオマージュ。目の錯覚を楽しむかのように、ボリュームのあるオーバーサイズ コートとボレロ風に仕立てられたツイード ジャケットが互いを引き立て、カメリアはグラフィック モチーフとして、ゆったりとしたパンツに大きく描かれています。ブレスレットやロング ネックレスのパールがツイードのコート ドレスのラインを際立たせ、ラインストーンのバングルがショート グローブを飾ります。

ミドル丈のスカート、マスキュリンなピーコート、ツイード ジャケット、ブラックとホワイトのイヴニング ドレスといった、シャネルを象徴するアイテムにエスプリを効かせた2016/17秋冬 プレタポルテ コレクションは、ボビン糸型のハンドバッグから、顔文字をモチーフにしたコスチューム ジュエリー、スマートフォン用の胸ポケット、タブレット用のショルダーバッグに至るまで、どこまでもモダンで遊び心に溢れていました。

シャネルとカンボン通りが掲げる最高のヴィジョンを、カール ラガーフェルドが再び証明したコレクションです。

ruffles-and-laces

Wednesday, March 9, 2016

RUFFLES AND LACES

プリーツ シフォン、チュール ラッフルやクリーム色のレースと、ブラック パテント レースのコントラスト

シェア

リンクがコピーされました