CHANEL NEWS

00/4
the-opening-gala-night-at-the-opera-de-paris

Friday, September 28, 2018

THE OPENING GALA NIGHT
AT THE OPÉRA DE PARIS

シャネルがスポンサーを務めたパリ国立オペラ座バレエ団の新シーズンのオープニング ガラ ナイト。キーラ ナイトレイやケイト モラン、アンヌ ベレストなどのゲストがシャネルを着用して来場しました。

Friday, September 28, 2018

CHANEL AT THE
OPÉRA DE PARIS

ダンスの世界と深い関わりをもっていたガブリエルの精神を引き継ぎ、パリ国立オペラ座バレエ団の新シーズンのオープニング ガラでシャネルがスポンサーを務めました。所属する全てのダンサーが舞台上に集まり観客を沸かせると、バレエ団員の紹介が行われ、レパートリー入りしたオハッド ナハリン振付の作品『デカダンス』が上演されます。オハッド ナハリンがこれまで振付した作品から一部を抜粋し組み合わせて完成した本作品では、カール ラガーフェルドがコスチュームを手掛けている『ボレロ』から抜粋したパートを、パリ国立オペラ座バレエ団の芸術監督であるオーレリー デュポンと、サンクトペテルブルクのマリインスキー バレエのプリマ バレリーナであるディアナ ヴィシニョーワが演じています。

Thursday, September 27, 2018

KARL LAGERFELD'S DESIGNS
FOR THE OPÉRA DE PARIS

パリ国立オペラ座バレエ団の新シーズンの幕開けとなるオープニング ガラに向けて、カール ラガーフェルドが手掛けたコスチュームの最終調整が行われました。「ラヴェルの『ボレロ』は、私にとって一番のお気に入りの音楽作品です。16歳の時に初めて購入したクラシック音楽のレコードでした。」と語るカール ラガーフェルドは、オハッド ナハリン振付によるバレエ『デカダンス』の『ボレロ』のパートでコスチュームを手がけています。

Thursday, September 27, 2018

3.55 'CHANEL À L'OPERA'
PODCAST WITH OHAD NAHARIN

The Israeli choreographer, resident of the Tel Aviv-based Batsheva Dance Company, presents Decadance at the Opéra de Paris. A modular play based on sections from his unfinished works, transforms and adapts through a selection of pieces, variations and transitions. In an interview with Anne Berest, he addresses the issue of freedom through the understanding of rules and knowledge. He talks about his vision of movement and his dance techniques, such as the ‘Gaga’ method, which consists of listening to one's body in an unconventional way to better appreciate movement. To be a good dancer, explains the choreographer, passion, imagination and skills are the three essential qualities needed, complemented by the love of learning and research.

シェア

リンクがコピーされました