CHANEL NEWS

credits
credits

© Olivier Saillant

el-paseo-del-prado

© Olivier Saillant

EL PASEO DEL PRADO

キューバの首都、ハバナのプラド通り。シャネルの2016/17クルーズ コレクション ショーの舞台となったのは、16世紀以来の歴史が刻まれた旧市街から近代的な中心部まで伸びる、ハバナを象徴する並木道です。

スペイン語で「牧場の小道」を意味するこの通りは、18世紀に建設された後、1928年にフランス人造園設計士のニコラ フォレスティエがデザインを一新し、現在の姿になりました。海岸まで続く通りの角に守護神のように置かれているのは、合計で8体の荘厳なライオンのブロンズ像。フランス人のジャン ピュイフォルカと、ブロンズ鋳造の専門家であるフアン コマスという2人の彫刻家による作品です。地元ハバナの人々が散策を楽しむ中央の歩道には、樹齢を重ねた木々が影を落としています。プラド通りの周囲に立ち並ぶ植民地時代の建物や映画館、劇場、列柱が印象的な邸宅は、マドリードやパリ、ウィーンといったヨーロッパの都のバロック様式や新古典主義様式の建築を思い起こさせます。

多くの建物に老朽化の兆候が見られるなか、ユネスコはオールド ハバナ(ハバナ旧市街)を世界遺産に登録し、今後も保護しようとしています。

#ChanelCruiseCuba

© Olivier Saillant
00/16
making-of-the-press-kit-cruise-collection

© Olivier Saillant

CRUISE 2016/17 COLLECTION
MAKING OF THE PRESS KIT

2016/17クルーズ コレクション プレスキット メイキング
撮影: カール ラガーフェルド

シェア

リンクがコピーされました