CHANEL NEWS

credits
credits

© Olivier Saillant

summertime

© Olivier Saillant

SUMMERTIME

サントロペのブティックが再びオープンしました。ブラック、ホワイト、ベージュ、ゴールドに彩られたホテル ラ ミストラレ(La Mistralée Hotel)に、プレタポルテ & アクセサリー コレクションのほか、ファイン ジュエリーやウォッチなどがディスプレイされています。

期間: 2016年10月2日まで
1 Avenue du Général Leclerc
83990 Saint-Tropez, France
+33 4 94 49 07 47

mademoiselle

MADEMOISELLE

マドモアゼル(未婚の女性を指す敬称)――ガブリエル シャネルは生涯にわたりマドモアゼル シャネルと呼ばれていました。こういった常識にとらわれない一面にも、彼女の自由とモダニティに対する際立った感覚が表れています。恋愛を重ねながらも結婚することのなかったマドモアゼル。時代の慣習に逆らい、幼少期からの名前にこだわりました。彼女はマドモアゼル シャネルとして、マドモアゼル シャネルであり続け、その生き方を貫きとおしました。そうした彼女の生き方は、歳月を経て伝説となりました。

貧しい孤児だった少女が「お嬢さん(young lady)」に。「マドモアゼル」という敬称は、ガブリエル シャネルの人生を大きく変えました。シャネルのアトリエの扉に記された「マドモアゼル プリヴェ」の言葉には、この敬称に対するマドモアゼル シャネルの想いが込められています。

シェア

リンクがコピーされました