CHANEL NEWS

BEHIND THE SCENES WITH WILLOW SMITH

credits
credits

© Photo Roger Schall - Collection Schall

chanel-in-the-garden-at-la-pausa-roquebrune-cap-martin

© Photo Roger Schall - Collection Schall

CHANEL IN THE GARDEN AT LA PAUSA
ROQUEBRUNE-CAP-MARTIN

「『夏のリヴィエラではたいがいのことが許されたし、できることはすべて芸術に結びついているように思えた』と、F スコット フィッツジェラルドは『ジャズエイジのこだま』に記している。この所見はシャネルのラパウザでの生活に、そればかりか、この別荘そのものにもあてはまった。」 ジャスティン ピカディ著「Chanel her life」より抜粋

南フランスの町マントンとモナコの間に位置するヴィラ「ラ パウザ」は、マドモアゼル シャネルが夏の間、過ごした邸宅です。

the-19

THE 19

マドモアゼル シャネルが最後に発表した香水、N°19。マドモアゼル自身も纏ったと言われるこの香水は、彼女の誕生日である1883年8月19日から名づけられました。

数字には、つねに特別な力が秘められていると考えていたマドモアゼル シャネルは、人生のさまざまな出来事に数字を結びつけました。シンボルや、ラッキー チャーム、旅先から持ち帰ったオブジェのコレクションと同じように、数字はマドモアゼル シャネルのクリエイションを支える大切なモチーフのひとつでもありました。

シェア

リンクがコピーされました