CHANEL NEWS

chn-metiers-art-show-as-seen-by-susie-lau-title
chn-metiers-art-show-as-seen-by-susie-lau-title

THE MÉTIERS D’ART 2019/20
SHOW AS SEEN BY SUSIE LAU

“The ABC of CHANEL has always provided a plentifulness of codes and so it continues with Virginie Viard’s 2019/20 Métiers d’art collection. Together with the friend of the House and artistic collaborator on the décor Sofia Coppola, they took it back to 31 rue Cambon – recreating the emblematic Parisian address for an audience of the now and the present. Inside the lofty Grand Palais, an intimate atmosphere greeted the guests as Gabrielle Chanel’s private apartment was truthfully reimagined thanks to the detail-orientated scenography. The set was bathed in the warm hues of the familiar quilted couch, the glow of gilded mirrors, bouquets of wheat and the glint of Chinese Coromandel screens. The purpose of this mise en scène was to recall Mademoiselle’s beloved symbols that would find their way unexpectedly into a collection that celebrates the ateliers of Lesage, Lemarié, Goossens, Montex, Desrues, Lognon, Causse, Maison Michel and Massaro to their fullest capacity. After all, Virginie Viard began her life at CHANEL being in charge of embroideries for Haute Couture, working closely with Lesage, and so it is that the journey comes full circle.

As the chandeliers were slowly lowered onto the stage, models descended down a recreation of the iconic mirrored staircase, reflecting and refracting a collection that was about connecting craft with the reality of a modern wardrobe.

Fine bouclé coats en noir that would have come in handy on this chilly Parisian night were made ornate with chiffon belts of embroidered wheat, chains and ribbons. The tiniest of Lesage-embroidered chains in metallic thread intertwined with chain jewellery blended the boundaries of where a garment and bijoux begin and end. You might have missed the glimpses of degradé feathers peeking from a diaphanous white quilted jacket, but in person and at the Lemarié atelier, it was beautiful to watch them being placed in a tessellated pattern. The height of decoration could be seen in the golden sequinned wheat sheafs on a delicate black tulle cape and a champagne floral lace dress, made three-dimensional together with the lashings of layered costume jewellery. Subtlety is beautiful in Virginie Viard’s eyes and better showcases the intricate skills of these embroiderers, feather and flower makers.

Moreover it’s that insouciant ease that has come to define the Artistic Director’s take on CHANEL. How else to explain a fitted sequinned jumpsuit that looks like a stretch knit? Or the sunset ombré palette that brings its own frivolity in the world of precious skilled hands. Virginie Viard describes herself as the ‘child of Coco and Karl’. It’s fair to say that this first woman at the helm since Gabrielle Chanel is leaving her defining mark with a welcome feminine sensibility seeping into the House and into our heads.”

#CHANELMetiersdArt

メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4

00/4

chn-ecru-silk-metiers-art-19-20-title

ECRU SILK
MÉTIERS D’ART 2019/20

世代を超えた魅力を、シルクの流れるような滑らかさとエクリュの色合いで再解釈したフロアレングスのシルエット。リラックスした雰囲気でありながら洗練された印象のシャツやパンツ、ドレスが演出する軽やかさと躍動感が、体の輪郭を強調します。カンボン通り31番地という伝説的なアドレスを記したスウェットが、コレクションに遊び心を添えています。コスチューム ジュエリーを重ね付けしたシルエットの数々が、タイムレスなシャネルの魅力を象徴しています。



#CHANELMetiersdArt
 

メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4
メディア 5

00/5

chn-precious-dresses-metiers-art-19-20-title

PRECIOUS DRESSES
MÉTIERS D’ART 2019/20

まるで宝石のようなドレスの数々が、華やかなサヴォアフェールを体現しています。パリらしいエレガンスを湛えたシルエットを輝きで包み込む、極めて精巧なゴールドのレースをはじめ、パールや貴石で描いた渦の装飾。美しく豪華なシルエットが、体の動きを優美に引き立てています。



#CHANELMetiersdArt

メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4

00/4

chn-shades-of-pink-metiers-art-19-20-title

SHADES OF PINK

MÉTIERS D’ART 2019/20

ピンクで登場したさまざまなシルエットが、シャネルのコードを鮮やかに彩ります。明るいコーラルのパンツ スーツやフューシャのサテン ドレスなど、柔らかな色合いから深いトーンまで、可能性を探るかのようにピンクが自由に色調を変えて登場しました。ガーネット色のツイードやアプリコットのニットも加わり、ピンクのルックが、象徴的なブラックとホワイトのルックと華やかなコントラストを描きます。



#CHANELMetiersdArt
 

THE AFTER-PARTY
MÉTIERS D’ART 2019/20

ショーの後、レストラン「La Coupole」でのディナーに続き、「Le Dancing」でアフターパーティーが開かれ、メゾンの友人やアンバサダーたちはベルギー出身の歌手、アンジェルによるピアノ演奏を堪能しました。

#CHANELMetiersdArt

メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4
メディア 5
メディア 6

00/6

chn-tie-dye-metiers-art-2019-20-title

TIE-DYE

MÉTIERS D’ART 2019/20

1960年にガブリエル シャネルがデザインした、タイダイのライニングをあしらったスーツ。このスーツにインスパイアされた手染めのルックが、絵画のような演出を生み出します。ブラックに鮮やかな色を織り交ぜたツイード スーツにお揃いのハンドバッグを合わせたルックをはじめ、ふくれ織のシルクをマルチカラーに染めたTシャツ、フェザーのトリムをあしらった柔らかなサンセット色のシフォン ドレスなど。コレクションを比類ない芸術作品へと昇華させています。

#CHANELMetiersdArt
 

メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4
メディア 5
メディア 6

00/6

chn-black-and-white-metiers-art-19-20-title

BLACK-AND-WHITE

MÉTIERS D’ART 2019/20

象徴的なシャネルのコードが随所に取り入れられたコレクションでは、ブラックとホワイトが、現代的でグラフィカルな効果をもたらしています。水平のパネルが強調する、ジャケットの精巧なテーラリングと新たな構造。スカートを飾るガロンブレードが、シルエットに調和を与えています。

#CHANELMetiersdArt

The métiers d’art show

as seen by guests

パリのカンボン通り31番地を象徴する、鏡張りの階段を再現した舞台で、2019/20年 メティエダール コレクションが発表されました。ショーに駆けつけたゲストたちが、コレクションの印象を語っています。

#CHANELMetiersdArt

メディア 1
メディア 2
メディア 3
メディア 4
メディア 5

00/5

chn-embroideries-metiers-d-art-19-20-title

Embroideries
Métiers d'art 2019/20

ガブリエル シャネルが初期に手がけたクリエイションに見られる刺繍やコスチューム ジュエリーを、ヴィルジニー ヴィアールが現代的に再解釈しました。ブラック コートのウエストに輝きを添える、アトリエ ルサージュとモンテックスによるベルトの刺繍と、丸みを帯びたシルエットとのコントラストが際立ちます。贅沢でありながらノンシャランなスピリットを湛える刺繍が、コレクションにさまざまなバリエーションをもたらしています。

#CHANELMetiersdArt

シェア

リンクがコピーされました