CHANEL NEWS

Thursday, September 27, 2018

KARL LAGERFELD'S DESIGNS
FOR THE OPÉRA DE PARIS

パリ国立オペラ座バレエ団の新シーズンの幕開けとなるオープニング ガラに向けて、カール ラガーフェルドが手掛けたコスチュームの最終調整が行われました。「ラヴェルの『ボレロ』は、私にとって一番のお気に入りの音楽作品です。16歳の時に初めて購入したクラシック音楽のレコードでした。」と語るカール ラガーフェルドは、オハッド ナハリン振付によるバレエ『デカダンス』の『ボレロ』のパートでコスチュームを手がけています。

Thursday, September 27, 2018

3.55 'CHANEL À L'OPERA'
PODCAST WITH OHAD NAHARIN

The Israeli choreographer, resident of the Tel Aviv-based Batsheva Dance Company, presents Decadance at the Opéra de Paris. A modular play based on sections from his unfinished works, transforms and adapts through a selection of pieces, variations and transitions. In an interview with Anne Berest, he addresses the issue of freedom through the understanding of rules and knowledge. He talks about his vision of movement and his dance techniques, such as the ‘Gaga’ method, which consists of listening to one's body in an unconventional way to better appreciate movement. To be a good dancer, explains the choreographer, passion, imagination and skills are the three essential qualities needed, complemented by the love of learning and research.

Thursday, September 27, 2018

3.55 'CHANEL À L'OPÉRA'
PODCAST WITH KATE MORAN

若くに独立したフランス映画界を象徴する女優の一人であり、映画監督ヤン ゴンザレスのミューズでもあるケイト モランをゲストに迎えたポッドキャスト「3.55」。パリのガルニエ宮のサロンで行われたアンヌ ベレストとの対談では、バレエのステップや試験的なポストモダン ダンスとの初めての出会いを振り返ります。体の痛みや感情に至るまで、彼女の日々の生活や自身の体との向き合い方にダンスが与えた影響について語っています。

Thursday, September 27, 2018

3.55 'CHANEL À L'OPÉRA'
PODCAST WITH DIANA VISHNEVA

ガルニエ宮にしつらえたおなじみのセットからアンヌ ベレストがお届けするポッドキャスト「3.55」。今回ゲストに迎えたのは、プリマ バレリーナのディアナ ヴィシニョーワです。サンクトペテルブルクのマリインスキー シアターに所属する彼女は、オハッド ナハリン振付の『デカダンス』でオーレリー デュポンの相手役を務めます。体によって表現される言葉や、想像力がもたらす力、クリエイションにおいて斬新であることの重要性について強調しています。

シェア

リンクがコピーされました