CHANEL NEWS

coco-and-misia--br---by-justine-picardie

COCO AND MISIA
BY JUSTINE PICARDIE

『Coco Chanel: the Legend and the Life』(マーブルトロン出版) より

「1917年。ガブリエル シャネルがミシアに出会ったとき、彼女はパリでその名を知らぬ者はいないほど有名な存在だった。
当時のミシアはパリを統べる女王だった。若い頃から芸術家の上に君臨してきたミューズで、気まぐれでありながらその言葉には人を従わせる力があり、自分の思いのままにふるまう彼女に、周りの者はまるで臣下のように彼女の言葉を聞き逃すまいと細心の注意を払うほどだった。ポール モランは1917年4月の日記に次のように記している。『私がミシアを讃えずにいられないのは、表面上は不機嫌そうにしていても、そこには常に生きる喜びが隠されているところだ。そのバランスは完璧だ―たとえ、絶望の淵にあるときでさえ』。モランはまた、次のようにも述べている。『ミシアはミシア。2人といない。プルーストが言うように、まさに歴史に残る存在だ』。その言葉を裏付けるように、ミシアはルノワールやヴュイヤール、ロートレック、ボナールの絵のモデルになり、マラルメの詩に、プルーストの小説に、ドビュッシーやラヴェルの音楽にインスピレーションを与える存在であり、そしてコクトーやピカソの話題には彼女が影響していた。ミシア自身、才能豊かなピアニストで、幼い頃はリストの膝にすわり、ベートーヴェンを演奏して聞かせたという。リストは彼らしい、おどけた調子で、『ああ、私もこんなふうに弾ければいいのに』と言い、彼女の輝ける未来を予言したものだった。のちにピアノを師事したフォーレも、ミシアを神童だと絶賛している。ミシアはパリの芸術家の輪の中心であり、その立場は、当時、世界で最も高い人気を誇っていたバレエ リュス(ロシア バレエ団)のディレクター、セルゲイ ディアギレフとの深い友情によって、より堅固なものになった。ガブリエル シャネルはミシアより11歳年下で、パリの社交界ではまだ中心的な存在とはいえなかったが、カンボン通りのシャネル ブティックの顧客だった大女優、セシル ソレルの邸宅で開催されたディナーパーティーの席で2人は初めて出会い、ミシアはそのとき一目でガブリエル シャネルを気に入ったのだった」。

ジャスティン ピカディ氏は、高い評価を得た回想録『If The Spirit Moves You』や最新作の小説 『Daphne』を含め、5冊の著書を上梓しています。元『ヴォーグ』編集ディレクター、『オブザーバー』編集者で、現在はタイムズ、サンデー テレグラフ、ハーパース バザーなどの新聞や雑誌にも寄稿しています。

「Misia, la reine de Paris」展:6月12日から9月9日まで、パリのオルセー美術館で開催

Anonymous, Misia Natanson in a black dress, 1896-1897
Duplicate of a silver print photography
Private collection
© Vuillard Archives, Paris

opening---hong-kong--br---by-jeanine-zhao

OPENING @ HONG KONG
BY JEANINE ZHAO

大成功を収めた東京での公開を経て、シャネルの「リトル ブラック ジャケット写真展」がニューヨーク、台北に続いてやってくるのは、活気と輝きに満ちた都市、香港。魅力あふれるハリウッド通りにあるスペース ギャラリーにて、7月7日から16日まで写真展が開催されました。

カール ラガーフェルドによるプライベートな雰囲気のモノクロのポートレートが、2階建てのギャラリーの薄いグレーの壁を飾っています。ギャラリーがあるのは、アートギャラリー、中国の骨董品を扱うお店や小さなブティックなどが並ぶスタイリッシュな地区。150年の歴史を持つ有名な寺院、文武廟も歩いてすぐの距離です。暑いながらも爽やかさを感じさせる夕刻、「リトル ブラック ジャケット写真展」のオープニング レセプションが開催されました。会場には、香港のセレブリティが一堂に会しています。作品に収められたジャケットはブラックですが、集う人々の装いはとても色鮮やかでした。フランスの女優、セシル カッセルはブロンドの新しいヘアスタイルで香港に到着しました。隣に並ぶのは女優のエリザ セドナウィ。胸元が大きく開いたマキシ丈のドレス姿はまぶしいほどです。

韓国の映画祭で数々の賞を手にした中国の映画スター、タン ウェイ(湯唯)も登場し、カール ラガーフェルドが撮影した100枚以上におよぶポートレートの中でも、4歳のスカーレット アッツマン ハインの大判プリントがお気に入りと語りました。最高にスタイリッシュなデジタルアーティスト チョウ イー(周依)も来場しています。開催地である香港からは、歌手のジョイ ヨン(容祖兒)、国内で最も名の知れた作詞家でトレンドの仕掛人でもあるワイマン ウォン(黄偉文)、ブティックのオーナーでファッションアイコンのヒラリー ツイ(徐濠縈)をはじめ、錚々たる顔ぶれが集いました。誰もがシャネルのリトル ブラック ジャケットを自分なりのスタイルで着こなしています。

カール ラガーフェルドが語ったように、アジアに魅せられていたマドモアゼル シャネルは、デザインにおいてもアジアからインスピレーションを得ていました。だからこそ、アジアにおいて、シャネルの人気は衰えることを知りません。メークアップ アーティストのZingは、ヴィンテージから新作まで、シャネルのジャケットの熱烈なコレクターでもあり、香港での写真展の開催を心から祝福しました。彼は何年もシャネルのリトル ブラック ジャケットを愛用していますが、これは不思議なことではありません。壁を彩る数々の写真の中には、男性の姿もあります。そもそもシャネルのジャケットは、マドモアゼル シャネルが男性の制服にインスピレーションを得て誕生したものであることを、カール ラガーフェルドとカリーヌ ロワトフェルドは心得ているのです。

日が暮れて、輝きだす香港の夜景。太陽が沈むと、人々は隣接するパーティー会場へと向かいました。多彩なゲストを楽しませているのは、ミュージシャンのChoi Sai Ho(蔡世豪)による音楽です。
マドモアゼル シャネルはかつて、次のように語ったといいます。「ファッションは、単に洋服のことだけではない。ファッションは空にも、街にもある。なぜならファッションは、アイディアや私たちの生き方、出来事と結びついているのだから」。

時に、ちょうどこの写真展のように、新しいものの鋭さと、時を超える感性とが出会うことがあります。急速に変化する香港において、それはまさに祝福に値するといえるでしょう。

撮影: フレデリック デヴィッド

CHANEL IN HONG KONG

「リトル ブラック ジャケット写真展」 香港にて開催

Soundtrack:
Choi Sai Ho "Violin Cityscape" (Live)

00/15
inauguration---hong-kong

OPENING @ HONG KONG

「リトル ブラック ジャケット写真展」
香港 オープニング レセプション

撮影: アンヌ コンバズ

00/12
backstage

BACKSTAGE

2012/13秋冬 オートクチュール コレクション ショーのバックステージ

撮影: ブノワ ペヴェレリ

00/10
fittings

FITTINGS

2012/13秋冬 オートクチュール コレクション ショー
フィッティングの様子

撮影: ブノワ ブノワ ペヴェレリ

シェア

リンクがコピーされました