CHANEL NEWS

credits
credits

© Olivier Saillant

staging-the-show-at-the-elbphilharmonie

© Olivier Saillant

STAGING THE SHOW
AT THE ELBPHILHARMONIE

エルプフィルハーモニー・ハンブルクには、2,100人を収容可能な大ホールを含めて3つのコンサートホールがあります。建築家のジャック ヘルツォークとピエール ド ムーロンが特に注力したのは、建物の表面と、その質感が織りなす相互作用でした。特筆すべきはホールの内装で、ミリ単位で精巧にカットされ、正確に取り付けられたおびただしい数の石膏ファイバーパネルによる「白い肌」が、比類のない音響効果を生み出しています。この空間を創り上げるには、最先端のデジタル技術に加えて、日本の音響設計家、豊田 泰久氏の卓越した才能が必要とされました。

観客席の形状も革新的です。中央にあるステージの上には、湾曲した天井が、建築家の言葉を借りれば「テントのようにそそり立って」います。その印象的な形は、建物の外観にも影響を与えています。この巨匠の技術には、伝統への深い理解が反映されています。受け継がれてきた遺産とモダニティが出会うこの場所を、カール ラガーフェルドは、Paris‑Hamburg 2017/18 Métiers d’art コレクション ショーの舞台に選びました。

00/8
paris-hamburg-silhouettes

PARIS-HAMBURG
SILHOUETTES

カール ラガーフェルドによる Paris‑Hamburg 2017/18 Métiers d’art コレクションのファーストイメージ

#CHANELMetiersdArt

© Olivier Saillant
00/14
shooting-by-karl-lagerfeld

© Olivier Saillant

SHOOTING BY KARL LAGERFELD

シャネルのアーティスティック ディレクターであるカール ラガーフェルドは、ハンブルクで発表した Paris‑Hamburg 2017/18 Métiers d’art コレクションの顔にドイツ出身のモデル、アナ イワーズを起用しました。

#CHANELinHamburg

embroidery-and-silkwork-by-maison-montex

EMBROIDERY AND SILKWORK
BY MAISON MONTEX

パリにスタジオを構えるコンテンポラリーな刺繍のアトリエ、モンテックスが、シーズンごとにデザインする独創性あふれるモチーフや新たなクリエイションは、シャネルのメティエダール コレクションをいっそう魅力あるものにしています。数えきれないほどのスパンコール、ビーズ、糸やマルチカラーのクリスタルなどの装飾を用いて仕上げられるメゾン モンテックスならではのエンブロイダリーの技法。フランス刺繍のゆりかごと言われるロレーヌ地方出身の刺繍職人の知識が活かされているとともに、リュネビル刺繍の伝統が受け継がれています。研究や実験的な試みを通じて、クロシェやコーネリーミシン、ニードルワークといった歴史的な技能に加え、3D加工といった新たな技法も積極的に取り入れています。

詳しくは mtxparis.com をご覧ください。

シェア

リンクがコピーされました