CHANEL NEWS

mademoiselle-prive-coming-soon-to-hong-kong

MADEMOISELLE PRIVÉ
COMING SOON TO HONG KONG

ロンドン、ソウルに続き、「マドモアゼル プリヴェ」が来年香港で開催されます。このエキシビションでは、シャネルのクリエイティビティの真髄を深く掘り下げるとともに、マドモアゼル シャネルとカール ラガーフェルドのカリスマ性あふれる個性と不屈の精神を解き明かしています。

credits
credits

© Lucile Perron

spring-summer-2018-collection

© Lucile Perron

SPRING-SUMMER 2018 COLLECTION

グラン パレにしつらえた幾重にも連なる滝を背景に発表された2018 春夏 プレタポルテ コレクション。新たなシーズンのためにカール ラガーフェルドが生み出したデザインは、ブルーとグリーンのパレットを、さまざまなアシッド パステル、きらめくホワイト、虹色に輝くファブリックと組み合わせて展開するもの。仄かな連想、丈のコントラスト、端正なライン、軽やかなシェイプと戯れる、この上なく優美なコレクションです。

構造的なワイド ショルダーのルックは流れるようなラインでソフトな印象。多彩にアレンジされたツイードは、レザーと組み合わせてブラ トップやミニ スカートに、ミニドレスのパッチワークに、さらにコートドレスは光沢のあるルレックスの糸でアクセントが添えられています。スーツ ジャケットは、カプリ パンツや、ジオメトリックなトップ ステッチを施したドレス、あるいはブレードのトリムをあしらったショート スカートと合わせています。スカーフを結んだオーバーサイズのホワイト シフォン ブラウスを、ペンシル ミニスカートにタックインしたルック。デイタイムにもイヴニングにも取り入れられるラグジュアリーな布地に遊び心を加えたショート ドレスやロング ドレスは、しわ加工やエンボス加工を施したレースやシフォンに、水滴を模ったクリスタル ビーズをあしらったもの。プリーツの入ったシルクは、パステルカラーや光沢のある色調で展開され、繊細なコントラストを織りなしながら体を包み込み、フリンジやフラウンス、重なり合うシルクが動きのある印象を生み出しています。

透明感のあるPVCが、ボーター ハット、フード、ケープからフィンガーレス グローブ、フットウェア、サイハイ ブーツまで、あらゆるところに登場し、春の優しい雨にも夏の強雨にも耐えうるスタイルを提案します。複数のバッグを持つスタイルでは、バッグを保護するかのようなPVCのカバーが登場しました。ハンドバッグ「ガブリエル ドゥ シャネル」はラバーやパテント レザー、「BOY CHANEL」は光沢のあるPVCで新たに誕生しました。「11.12」にはスパンコールをあしらい、クラッチはクリスタルのようなプレキシガラスのタイプや、縁にあしらったディアマンテやスパンコールが光を捉えるものなど。スポーツ バッグはコーティング加工を施したキャンバス素材にダブルCやカメリアがプリントされ、ナイロン素材の大きなエンボス トートは、ブルーやピンクのカラーパレットで展開されていました。

Françoise-Claire Prodhon

soundwaves
1. QE3.mermaidsOlivier Coates
00:30
  • 1. QE3.mermaids00:30
    Olivier Coates
  • 2. Venus As A Boy00:30
    Björk
  • 3. End Of Times-Dub00:30
    The Golden Filter
  • 4. Dirty Dancing (Matthew Herbert's Backroom Dub)00:30
    Spoko & Aguayo
  • 5. Diagram VII (80's Mix)00:30
    D'Arcangelo
  • 6. Elektra00:30
    Zdenka Kovacicek

SOUNDWAVES

ミシェル ゴベールによる2018 春夏 プレタポルテ コレクション ショーのミュージック

シェア

リンクがコピーされました