CHANEL NEWS

hyeres-festival-podcasts-at-the-villa-noailles

3.55 PODCAST
AT THE HYÈRES FESTIVAL

イエールで行われたシャネルのポッドキャストプログラム「3.55」。シャネルとゆかりの深いパーソナリティーが、アートやカルチャー、ファッションの各界からさまざまなゲストを迎え、創造性やアート、スタイル、インスピレーションなど、シャネルが大切にしているテーマについて語り合います。今回の新たなシリーズは、南フランスのヴィラ ノアイユで開催されたファッションと写真、アクセサリーの祭典である第33回イエール国際モードフェスティバルの期間中に収録されました。モデルで女優のオードリー マルネイは、アーティストや審査員と創造性のテーマを掘り下げています。クリエイションはどこから生まれるのでしょうか。人は生まれつき創造的なのでしょうか。どのようにすれば自分の創造プロセスを変革できるのでしょうか。ジャン=ピエール ブラン、ベッティナ ランス、ティルダ スウィントン、ルー ドワイヨン、インディア マダヴィが、創造性に対する自身の考えを語ります。

ポッドキャストはこちらから apple.podcast.com/chanel
#CHANELinHyeres

© Anne Combaz
00/7
lemarie-atelier-at-the-hyeres-festival

© Anne Combaz

LEMARIÉ ATELIER
AT THE HYÈRES FESTIVAL

フェスティバルに訪れた人々に、ヴィラ ノアイユでの刺繍のワークショップや、シャネルのメティエダールを体験する機会を提供しているルマリエ。参加者が白いテーブルクロスにモチーフを刺繍するというアイディアは、ルマリエのアーティスティック ディレクターで、ファッション アクセサリー部門の審査員長を務めるクリステル コシェールの発案によるもの。刺繍のモチーフはいずれも花や植物に着想を得たもので、ラインストーンやシルク、コットン、ロドイドといったルマリエが好む素材が使われています。イエール国際フェスティバルとのパートナーシップを継続していくことは、ルマリエがその技術やクラフツマンシップを伝承する一助となっています。

© Anne Combaz
00/5
lemarie-exhibition-at-villa-noailles

© Anne Combaz

LEMARIÉ EXHIBITION
AT VILLA NOAILLES

南フランスで開かれる第33回イエール国際モードフェスティバルで、シャネルは羽根細工と花細工のアトリエ、ルマリエの比類なき職人技に敬意を表し、ヴィラ ノアイユで、デザインと職人技、ラグジュアリーとファッションの関係を掘り下げたエキシビションを開催しています。

このエキシビションは、カッティングやエンボス加工、接着、構成、巻き加工、ほつれ加工、プリーツ、はめ込み細工など、アトリエの正確無比な職人技を紹介するために企画されました。部屋の中央には、アトリエがもつさまざまな技巧を紹介するモノクロ写真が展示されています。ルマリエのアトリエで制作される羽根細工や花細工、折飾りは、シャネルのコレクションのさまざまなデザインに輝きを添えています。

ルマリエの職人技の伝統を紹介し称えるこのエキシビションを通して、シャネルはメティエダールの継承を支援しています。

credits
credits

© Olivier Saillant

summer-pop-up-boutique-in-saint-tropez

© Olivier Saillant

SUMMER POP UP BOUTIQUE
IN SAINT-TROPEZ

地中海風ライフスタイルの象徴ともいえるフレンチ リヴィエラの街、サントロペ。シャネルは過去9年にわたって、毎年この場所で期間限定ブティックをオープンしています。夏の間、旧港とリス広場の間に位置するホテル ラ ミストラレは新しい内装で彩られます。今シーズンは、2017/18年 メティエダール コレクションのインスピレーションとなったハンブルクの港を彷彿とさせる、粗けずりの装飾と、幾何学的なデザインを特徴とするもの。船窓のような丸い開口部のある金属の壁を背景にシャネルのコレクションがディスプレイされています。その空間は、ヤシの木やサボテンが緑濃く茂る庭園沿いのプールハウスまで広がっています。

期間:10月28日まで
1, avenue du Général Leclerc
Saint-Tropez, France

シェア

リンクがコピーされました