CHANEL NEWS

profile-view

PROFILE VIEW

今回のコレクションで発表された「注目すべき」シルエットは、オートクチュールに新たなルックの定義をもたらしました。カール ラガーフェルドが生み出したのは、深いスリットからエレガントに脚をのぞかせる、ジッパーをあしらったツイードやベルベット、シフォンのスカートやロング ドレス。内側にまとったお揃いのミニスカートのサイド スリットは、ラインを描くツイードやスパンコールのブレードが目を引きます。

© Vittorio Zunino Celotto
00/2
coiffed-with-plumes

© Vittorio Zunino Celotto

COIFFED WITH PLUMES

コレクションのルックにコーディネートされたメゾン ミッシェルによるベルベットのヘッドピース。ルマリエのフェザーを刺繍したこれらのアクセサリーが、オートクチュールの魅力を引き立てルックを完成させています。

00/4
the-colors-of-paris

THE COLORS OF PARIS

アートと文字に溢れた街、パリの色彩が反映されたコレクションには、歴史的建造物の屋根の色であるアーモンド グリーンをはじめ、夜のセーヌ川に反射するシルバーのきらめきなどの色調が溢れています。夜明け前の空を包むモーヴや、亜鉛を含んだ屋根のグレーといった色合いがスーツに取り入れられています。

シェア

リンクがコピーされました