00/4
chn-kristen-stewart-modern-muse-title

Kristen Stewart:
A Modern Muse

メゾンのアンバサダーであるアメリカの女優クリステン スチュワートが、ドーヴィル アメリカン映画祭のタレント賞を受賞しました。以前カンヌ国際映画祭の審査員も務めた彼女は、2013/14年 パリ-ダラス メティエダール コレクションのキャンペーンに登場して以来、メゾンと長く特別な絆を築いてきました。その個性的なパーソナリティと常に進化し続けるスタイルで、ハンドバッグ「11.12」やガブリエル ドゥ シャネルをはじめ、数々のキャンペーンに起用されている彼女。「ココを名乗り始める前の、彼女の本当の名前です」と語るフレグランス「ガブリエル シャネル」の顔も務めながら、このたび新たなビューティー キャンペーン「NOIR ET BLANC DE CHANEL」に起用されました。「ガブリエル シャネルは、常に他と違うことを追求する女性。そして、他の人々が必ずしも美しいとは思わないことにも挑戦する女性です」とクリステン スチュワートは語っています。

ミステリアスで知的な雰囲気を湛え、人目を惹きつけるオートクチュールの華やかなルックも、よりカジュアルな装いも、どちらも難なくレッドカーペットで着こなすファッションへの大胆なアプローチ。ガブリエル シャネルのように、クリステン スチュワートも現代的な女性を体現しています。彼女の強い個性を気に入ったカール ラガーフェルドは、自身が制作したショートフィルム『Once and Forever』で彼女をココ役に抜擢しました。このフィルムは、ローマを舞台とした2015/16年 メティエダール コレクションのショーの際に上映されています。「カールは幅広いものに興味を持っていて、驚くほどの数のクリエイションを制作しています。映画の監督をすることも、まさに生まれもった才能です」と語るクリステンとカールの関係は、ミューズとアーティストの関係としてより親密になったのです。パリだけでなく、各地で開催されるシャネルのショーのゲストに名を連ねるクリステン。彼女のスターとしての影響力は、メゾンと育む友情と共に、常に力を増し続けています。

#CHANELinCinema

シェア

リンクがコピーされました