THE CRUISE,
THE TIME FOR A STOP OVER
WITH CHANEL

クルーズ コレクションの旅はランデブー。それは伝統というだけでなく、楽しみでもあり、景色の変化や場所、時代、「アール ド ヴィーヴァル(ライフスタイル)」の発見が約束されるものです。

1919年秋の終わり、ガブリエル シャネルは、後にファッション界に大きな変革をもたらすこととなる、初めてのクルーズ コレクションを発表しました。裏地のないジャージーは軽く、より快適で、ヨットやスパ、海辺のリゾートなど日差しが降り注ぐ屋外での着用に理想的でした。

1983年にシャネルのデザイナーに就任したカール ラガーフェルドは、春夏と秋冬という2つの季節の間に新しい息吹を吹き込み、その時期を大切なシーズンとして誕生させました。冬のリゾート地で暖かい日光を求めている人々のニーズに応えただけでなく、「クルーズの装い」を暖かい季節に備えたスタイルへと変化させたのです。ニューヨーク、ロサンゼルス、マイアミ、ヴェニス、サントロペ、アンティーブ、シンガポール、ソウル、東京、そしてパリ。彼が発表してきたコレクションは、休暇を過ごすホットスポットとして知られた世界各地の都市を体現しています。

#CHANELCruise
#CHANELinBangkok

シェア

リンクがコピーされました