00/4
maison-lesage-exhibits-in-venice

Monday, September 17, 2018

MAISON LESAGE
EXHIBITS IN VENICE

2002年にシャネルのメティエダールの一員となったメゾン ルサージュ。そのユニークな刺繍の数々がヴェニスで開催中の展覧会「Homo Faber(ホモ ファーベル)」に出展されています。ヨーロッパのクラフツマンシップを讃えるこの展覧会では、数えきれないほどのサンプルやバックステージの写真、カール ラガーフェルドが手がけたシャネルのオートクチュールのシルエットを通して、メゾン ルサージュの類まれなサヴォアフェールと改革への挑戦を体験することができます。「職人が想像力を発揮し、シーズンごとに新たなディテールを創り出すことで、より洗練された作品が生まれ人々を驚かせることができます。我々には、これを後押しをするクリエイティブな原動力があるのです」と語るのは、メゾン ルサージュのアーティスティック ディレクターであるユベール バレール。

会場の1階では、来場者がヴェニスの地図の制作に携わることができる刺繍ワークショップも開催されています。

展覧会「Homo Faber(ホモ ファーベル)」
ジョルジョ チーニ財団
Giorgio Cini Foundation,
San Giorgio Maggiore, Venice, Italy
2018年9月30日まで開催

シェア

リンクがコピーされました