credits
credits

© Quentin de Ladelune

fall-winter-2018-19-haute-couture-collection

© Quentin de Ladelune

FALL-WINTER 2018/19
HAUTE COUTURE COLLECTION

セーヌ川のほとりを再現した舞台は、ブックスタンドやフランス学士院のドーム型の屋根が2018/19年秋冬 オートクチュール コレクション ショーにパリの趣をもたらしました。

オートクチュール コレクションは毎シーズン、刺繍や羽根細工、グローブ、シューズなどのメティエダール アトリエとシャネルのアトリエとのコラボレーションを讃えています。その類まれなサヴォアフェールが、カール ラガーフェルドの作品に命を吹き込みます。

今シーズンを象徴するのは、メゾンを代表するツイード スーツやイヴニング ドレスのブレードに装飾されたジッパーが描き出すライン。袖にあしらったジッパーからはコースが手がけたレザーのロング フィンガーレス グローブが、スカートやドレスのスリットからはエンブロイダリー ミニスカートがコントラストを演出します。

マサロのカフ付きローヒール アンクルブーツに、ルマリエの羽根細工をあしらったメゾン ミッシェルのベルベット ヘッドピースをまとった、パリジェンヌの大胆で洗練されたエレガンス。トロンプルイユ ドレスや、プリーツ スカートと合わせたロングコートやジャケットは、淡いグレーやアンスラサイト(無煙炭色)、ブラックのパレットで登場し、ミッドナイト ブルーや海を思わせる色調がフランスの首都に溢れる色彩を呼び起こします。ツイードやフランネル、ベルベット、クレープ、レース、タフタ、シフォン、シルク ラジミールは、ルサージュやアトリエ モンテックスによるクリスタルやビーズ、スパンコールの刺繍で豊かに彩られています。

構築的なラインと細かいディテールが融合したイヴニングの装いはボリュームと透明感の戯れ、ふんだんに装飾を施したトップと無駄を削ぎ落したスカートの対比、ヘムが描く生き生きとしたシルエット。バブル スカートに合わせたビスチェ、スパンコール ジャケットやロング バブル スカートに合わせたトップスにはフェザーがあしらわれ、ベルベットのリトル ブラック ドレスに合わせた短いシルバーのペニョワール、色とりどりの花が刺繍された黒いベルベットの着物風の羽織など。シフォンやシルク ジョーゼット、チュール、ベルベット、タフタなどのファブリックが、シャネルのアトリエの職人技をより美しく昇華させます。アカデミー フランセーズの会員の礼服にインスパイアされた、淡いグリーンの葉を刺繍したツイードをまとって登場した花嫁が、コレクションのスピリットを見事に表現しています。

フランソワーズ=クレール プロドン

#CHANELHauteCouture

シェア

リンクがコピーされました