credits
credits

© Olivier Saillant

a-dress-comes-under-sculpture-not-drawing-gabrielle-chanel

© Olivier Saillant

"A DRESS COMES UNDER SCULPTURE,
NOT DRAWING" GABRIELLE CHANEL

マドモアゼル シャネルを虜にした古代ギリシャ。そのことは、クリエイションに対する彼女の視点にも表れています。アパルトマンの中央に立つ、紀元前1世紀にさかのぼる頭部のないヴィーナス像。時代を感じさせない、驚くほどモダンなその姿は、自身の指先とピンを駆使して、まるで彫刻のように丹念に衣服を作り続けたマドモアゼル シャネルの見事な技巧を暗示しているようです。建築に影響を受けたカッティング、形状の豊かなレパートリー、身体の上で自然にドレープを描く布地――実際、マドモアゼル シャネルがファッションの技法やヴィジョンを語る時は、彫刻家のプラクシテレスに言及していました。

シェア

リンクがコピーされました