credits
credits

© V.H. Grandpierre / Vogue Paris

chanel-in-venise

© V.H. Grandpierre / Vogue Paris

CHANEL IN VENISE

「シャネルは明らかに、白が視覚に与えるインパクトを知っていて、彼女がリヴィエラでの初期のバカンス以降に流行させた、小麦色の肌とのコントラストを楽しんだ。『小麦色に日焼けした耳たぶに真っ白なイヤリング、そういうのが好き』とポール モランに所見を述べてから、ヴェネチアのリドで海水浴をするアメリカ娘たちをどう見ていたかを話した。『もし彼女たちが真珠を波間に、母なる海に浸したら、どれほどの若い娘がもっと美しくなるだろう。彼女たちの宝石も、太陽に焼けた肌につけたら、どんなにきらきらと輝くことか!』……」

ジャスティン ピカディ著「Chanel Her Life」(Steidl, 2011)より抜粋

シェア

リンクがコピーされました