credits
credits

© Anne Combaz

mustang-nominations-and-awards

© Anne Combaz

"MUSTANG"
NOMINATIONS AND AWARDS

シャネルが、トルコ=フランス=ドイツ合作映画『裸足の季節(原題:Mustang)』とパートナーシップを組んだのは、2015年5月20日、カンヌでのこと。この作品がカンヌ国際映画祭の監督週間に上映されることになり、監督と5人の出演者全員がシャネルを身にまとって登場しました。デニズ ガムゼ エルギュヴェン監督は次のように説明します。「シャネルはこの映画の旅路を光り輝かせてくれる存在です。(……)どの服も、女性の身体に対する私たちの認識を根底から覆すものでした。何より驚いたのは、モダニティの息吹とシャネルの豊かな伝統が完璧に溶け合っていることです」。

ロサンゼルスで開催されたAFIフェストで観客賞を受賞したときも、パリで行われたセザール賞で第1回作品賞、オリジナル脚本賞、編集賞、オリジナル音楽賞に輝いたときも、そしてフランスを代表して外国語部門にノミネートされたアカデミー賞の授賞式でも、監督と出演者たちは皆、シャネルに身を包んでいました。
デニズ ガムゼ エルギュヴェン監督は次のようにも述べています。「シャネルの服は、必ず反逆のエッセンスがあります。魅惑的なフォルムを生み出しながらも、それをまとう女性の品性を損なうことはありません。(……)私はシャネルの服に包まれるたびに力がみなぎるのを感じます。(……)私にとってシャネルは、美とエレガンスをさらなる高みに導くヴィジョンそのもの。なぜならマドモアゼル シャネルから惜しみなく受け継がれてきた遺産が、カール ラガーフェルドの先見性あふれる才能によって新たな輝きを放つのですから」。

シェア

リンクがコピーされました