credits
credits

© All Rights Reserved. Maison Goossens, 1990

robert-goossens

© All Rights Reserved. Maison Goossens, 1990

ROBERT GOOSSENS

ロベール ゴッサンス(1927~2016)は、金銀細工とジュエリー加工の傑出した技術と才能をもち、作品制作に真の情熱を注いだ名匠でした。

1953年、ゴッサンスと出会ったマドモアゼル シャネルは、ビザンチンやエジプトをはじめとする古代のジュエリーにインスパイアされた、彼のバロックスタイルの作品に魅了されます。
古代ギリシア時代のバーバリアンや西ゴート、エトルリアのジュエリーに影響を受けたゴッサンスの作品を見た彼女は、すぐにこう言いました。「素晴らしいです。もしも、どこで発見されたジュエリーかと聞かれたら、カンボン通りで発掘されたと言いましょう」。そしてマドモアゼル シャネルは、パリのカンボン通り31番地にある自身のアパルトマンの家具やシャンデリア、鏡をゴッサンスに発注しました。

ロベール ゴッサンスは、すべての名だたるファッション デザイナーのリクエストに応じて、金属や石、レザー、さらには水晶や象牙、べっ甲、エナメル、木材に至るまで、あらゆる素材から奇跡のような作品を生み出しました。
その技術は彼の子どもたちに受け継がれています。息子のパトリックはジュエリー、娘のマルティーヌは装飾美術を専門としていて、すべての作品をハンドメイドで作り上げています。

シェア

リンクがコピーされました