films

FILMS

1930年代には早くも、ジャン ルノワール監督の『ゲームの規則』をはじめとする著名な映画に衣装デザイナーとして協力していたマドモアゼル シャネル。

ルイ マル、ロジェ ヴァディム、アラン レネ、ルキノ ヴィスコンティ、フェデリコ フェリーニ、フランソワ トリュフォーや、最近ではフランコ ゼフィレッリ、ウディ アレン、そしてオリヴィエ アサイヤスなどの映画界の巨匠たちが、自身の映画に登場する女性たちの衣装をシャネルの手に委ねてきました。

そしてカール ラガーフェルドは、2008年のショートフィルム『Coco 1913 ‑ Chanel 1923』以来、実際のエピソードや想像上のストーリーを通してマドモアゼル シャネルの生涯を振り返る作品を制作し続けています。

シェア

リンクがコピーされました