00/6
dongdaemun-design-plaza-seoul

DONGDAEMUN DESIGN PLAZA, SEOUL

2015/16クルーズ コレクション ショーの舞台に選ばれたのは、2014年にCulture Chanel展が開催された韓国ソウルの東大門デザインプラザでした。

この世界最大の近未来的な建築物はザハ ハディドの設計によるもので、角や直線を一切排除する代わりに、美しい曲線がまるでシンフォニーを奏でているかのように連なっています。卵形をしたシルバーの構造物(総面積86,574平米)は、ソウルに降り立った異星の宇宙船のようでありながら、流れるように滑らかなラインが、都市の景観に見事に溶け込んでいます。

ひとつひとつ形状の異なる45,133枚のアルミパネルが、視線をはね返すようにコンクリートの構造を覆っています。建物内部も壮観で、すべてが曲面で構成され、地下3階から地上4階まで、一本の柱もない広大な空間が広がっています。特に目を惹くのは、美しい螺旋階段や円筒形のギャラリー、螺旋を描く通路、そして天井高9メートルのアークティックホワイトの明るいロビー。発掘調査中に出土した遺跡も構造に取り込まれていて、その中には李朝時代(1392年~1910年)にソウルを囲むように4つの丘に設けられていた城郭の断片も含まれています。

1950年にバグダッドで生まれ、後に英国籍を取得したザハ ハディドは、栄誉あるプリツカー賞を女性で初めて受賞しました。2008年にはシャネルのモバイル アート パビリオンを設計。カール ラガーフェルドが高く評価する建築家のひとりです。

Photos by Panta Creation and Park Haewook ⓒ DDP (Dongdaemun Design Plaza)

シェア

リンクがコピーされました