spring-summer-haute-couture-show-by-francoise-claire-prodhon

Wednesday, January 28, 2015

SPRING-SUMMER 2015 HAUTE COUTURE SHOW BY FRANÇOISE-CLAIRE PRODHON

シャネルの2015春夏 オートクチュール コレクションの舞台としてグラン パレに出現した円形の温室。ショーのオープニングでは、紙製の熱帯植物がまるで魔法にかけられたように、色鮮やかで艶かしい大輪の花を次々と咲かせました。

ボタニカル ガーデンの独特さと豊かさにヒントを得て、みずみずしく鮮やかなカラー パレットを豊富に取り入れた豪華なコレクション。ショーの雰囲気を決定づけたのは最初に登場したスーツのルックです。オレンジ、エレクトリック ブルー、ポーリン イエロー、ピンクといった色彩が、今回のコレクションの特徴的なシルエットであるモダンなスタイルを際立たせていました。足元にはブラック レザーのソックス付きブーティ。そして頭には、ブラック チュールのベールが覆うつばの大きいストロー ハット。長袖や7分袖のツイード クロップド ジャケットを、股上の浅いローカット スカートと組み合わせてウエストが覗くスタイルに。スカートのシルエットは、膝上のフレア、細身のストレート、あるいはふんわりと揺らめくものなどさまざまですが、いずれも極細のベルトが布地の動きに添い、ルックを仕上げる最高のアクセントになっています。シャネルを象徴するブラックとホワイトが強調するのは、スーツのグラフィカルで流れるようなライン。ブラック、ピンク、レッドのセットアップやドレスに、同じ色調の大振りなコートを纏いベルトをアクセントにしたルックは、シルク シフォンがレイヤリングや透明感に遊び心を添えています。エンブロイダリー、折り紙、ブレードやフリンジをあしらったシフォン、パール、スパンコールなどのあらゆる素材の効果と繊細なモチーフが、各アトリエの技巧を余すところなく伝えています。コレクションのテーマを強調するのは無数のフラワー モチーフ。その素晴らしさに酔いしれる一夜となりました。

スカートやジャケット、スリーブで咲き誇る、オーガンザ、レザー、チュール、ロドイド、パールのブーケ。優美なシフォンのミトンやエレガントなニット キャップにも、芸術的な花々が散りばめられています。豪壮なガーデンを完璧なオートクチュール ファッションへと昇華させたシャネル。花の魔法を纏う女性たちはどこまでも詩的でモダンでした。

フランソワーズ=クレール プロドン

シェア

リンクがコピーされました