Monday, November 24, 2014

TEASER OF "REINCARNATION", THE NEW SHORT FILM BY KARL LAGERFELD

「Reincarnation」――2014年12月2日にザルツブルクで開催される2014/15パリ‐ザルツブルク メティエダール コレクションのためにカール ラガーフェルドが監督を務めたショートムービーのタイトルです。

この作品は、カール ラガーフェルドの親しい友人であり、メゾンとも親交の深い、ファレル ウィリアムスとの素晴らしいコラボレーションにより実現されました。ファレル ウィリアムスはオリジナル曲である「CC The World」の作詞作曲を手がけ、さらに主演俳優のひとりとして、2014/15パリ‐ザルツブルク メティエダール コレクションの広告キャンペーンの顔となるカーラ デルヴィーニュとともに出演しています。

カール ラガーフェルドは、ガブリエル シャネルの人生から新たなエピソードを構想しました。ジェラルディン チャップリン演じるガブリエル シャネルは1954年、ザルツブルク郊外で休暇を過ごしています。ホテルでガブリエルはファレル ウィリアムス演じる若いエレベーターボーイと出会います。彼は後にシャネルの象徴となるジャケットを身に纏っています。

カール ラガーフェルドは次のように語りました。「シャネルのジャケットが誕生したきっかけを紹介したいと思いました。1950年代、ザルツブルク近郊のホテルでエレベーターボーイが着用していたジャケットがその起源なのです。『Reincarnation』では、エレベーターボーイの制服が女性のジャケットとして生まれ変わり、普遍的なアイテムとなるストーリーを描いています」。

「Reincarnation」はさらに、もうひとつの時代を呼び起こします。カール ラガーフェルドが蘇らせた1950年代のある一夜は、オーストリア=ハンガリー帝国時代を想起させるものでした。

「この作品はカーラ デルヴィーニュとジェラルディン チャップリン、そして誰よりもファレル ウィリアムスの協力がなければ成し得なかったものです。まさに完璧なキャスティングでした。ファレルは天才ですし、またジェラルディンはファッション界にカムバックするガブリエル シャネルを見事に演じました」とカールは語ります。

「Reincarnation」は、2014/15パリ‐ザルツブルク メティエダール コレクション ショーの前夜である2014年12月1日(現地時間)にザルツブルクで初めて上映されます。また合わせてchanel.comでも公開予定です。

シェア

リンクがコピーされました