gabrielle-chanel-and-biarritz

Wednesday, August 6, 2014

GABRIELLE CHANEL AND BIARRITZ

マドモアゼル シャネルとバスク地方との関わりは、1915年までさかのぼります。アーサー カペルが兵役を離れていた当時、マドモアゼルは、彼に誘われて初めてビアリッツを訪れました。戦争激化の現実から遠く離れたこの海辺のリゾート地は、パリから避難してきた裕福な女性たちが平穏な日々を過ごしていた場所でもありました。上品で洗練されたこの雰囲気に心を奪われた若きガブリエル シャネルは、1915年、ビアリッツのカジノに面するヴィラに最初のクチュールハウスをオープンすることを決意します。

そして、彼女は瞬時に成功を手にします。戦争に中立の立場だった隣国スペインの王族や富裕層だけでなく、シャネルの革新的なラグジュアリーに魅了されたフランスの顧客からも、あふれるほどの注文が舞い込みました。またビアリッツは19世紀以来、ロシア貴族に愛された土地でもあり、この地に多くのヴィラを購入または建築した彼らは、ロシア皇帝の失脚後、亡命してビアリッツへと逃れてきました。そして1920年、マドモアゼル シャネルはロシア皇帝の従兄弟であるドミトリー パヴロヴィチ大公と出会います。2人はバスクの海岸沿いの様々なヴィラで共に長い時間を過ごし、その親密な関係は1922年まで続きました。1920年、マドモアゼル シャネルは自身が完璧なまでに体現していた新しいスタイルを世界に向けて発信し、エレガンスの象徴となったのです。そのモダンな感性は、研ぎすまされたシルエット、丈の短いスカートやドレスからのぞく足首、すっきりとしたラインとシンプルなデザイン、ジャージーをはじめとする柔らかい素材に表れていました。この素材を用いたジャケットとスカートのスーツをマドモアゼル シャネルが誰よりも先に身につけ、さらにスイムウェアまで作ったことからも、ジャージーがどれほど快適であったかをうかがい知ることができます。

自由と、アウトドアを楽しむライフスタイル、そしてモダンな風潮を謳歌していたマドモアゼル シャネル。髪をショートにして太陽の光を浴びる彼女のスタイルを多くの女性たちが真似る様は、20世紀を突き進んだ未来に待ち受ける深遠な変化を予言しているかのようでした。

Françoise Claire Prodhon

Photo © CHANEL - Collection Bernstein-Grüber

シェア

リンクがコピーされました