culture-chanel-n-5--the-exhibit

CULTURE CHANEL N°5: THE EXHIBIT

2013年5月5日から6月5日まで、パリのパレ ド トーキョー(Palais de Tokyo)のゲストプログラムとして、N°5 CULTURE CHANEL展が開催されます。
この展覧会のキュレーターを務めるのは、モスクワのプーシキン美術館、北京の中国美術館、また最近では広州オペラハウスで開催されたCULTURE CHANEL展を手掛けてきたジャン=ルイ フロマン氏です。

N°5 CULTURE CHANELl展は、さまざまな一致を楽しむ緻密なゲームのように構成され、展示物同士を関連づけ、「N°5」が生まれた時代や当時隆盛を極めたアヴァンギャルド ムーヴメントと再び結び付けながら、「N°5」の本質を紐解いていきます。
展示される芸術作品、写真、アーカイヴや事物は、マドモアゼル シャネルの世界や彼女の想像力の礎となった数々のインスピレーションについて私たちに語りかけます。彼女の内なる思いとインスピレーションとが響きあい、このかけがえのない永遠の香りに光をもたらしました。ヴェネチアやロシア、別荘ラ パウザなど、彼女が愛した様々な地をめぐり、またコクトーやピカソ、アポリネール、ストラヴィンスキー、ピカビアをはじめとする芸術家や詩人、音楽家であった友人たちの作品を通して、インスピレーションは育まれていきました。

この展覧会はシャネルと芸術の間に永続するつながりに焦点をあて、「N°5」 という香りの、時を超えて象徴的な芸術性を明らかにするものです。
N°5 CULTURE CHANELの展示は、ジャン=ルイ フロマン監修の下、Irma Boom、Piet Oudolf、Laurent Burgisser、Jerome Schlomoffの協力により実現しました。

パレ ド トーキョー(Palais de Tokyo)
13 avenue du Président Wilson, 75016 Paris
Entrance: 2, rue de la Manutention
開館時間: 12:00 - 24:00(火曜定休)
入場無料

www.5-culturechanel.com

シェア

リンクがコピーされました