2018/19年秋冬

2018/19 秋冬
オートクチュール

サヴォアフェール

See the Film

credits
credits

video-savoir-faire
フィルムを見る

スタジオ

See the Film

credits
credits

video-interview-karl
フィルムを見る

カール ラガーフェルドのインスピレーション

カール ラガーフェルドのインスピレーション

メゾンのアーティスティック ディレクターであるカール ラガーフェルドが語る2018/19年秋冬 オートクチュール コレクションのインスピレーション。

00
credits
credits

PERFECTING THE FINISHED LOOK

In the lead up to the Fall-Winter 2018/19 Haute Couture show, model Adut Akech attended the final fitting with Karl Lagerfeld at 31 rue Cambon in Paris.

In the lead up to the Fall-Winter 2018/19 Haute Couture show, model Adut Akech attended the final fitting with Karl Lagerfeld at 31 rue Cambon in Paris.

注目すべきシルエット

2018/19年秋冬 オートクチュール コレクションを特徴付けるジッパーは、ツイード スーツやイヴニング ガウンに取り入れられ、素材に新たな表情を添えています。ジャケットのスリーブにブレードを刺繍したジッパーから、ロング フィンガーレス グローブがのぞき、シルクやブロケードのライニングと美しいコントラストを生み出しています。また、ドレスのサイドにあしらわれた深いスリットが、内側にまとったエンブロイダリー ミニスカートをのぞかせます。

2018/19年秋冬 オートクチュール コレクションを特徴付けるジッパーは、ツイード スーツやイヴニング ガウンに取り入れられ、素材に新たな表情を添えています。ジャケットのスリーブにブレードを刺繍したジッパーから、ロング フィンガーレス グローブがのぞき、シルクやブロケードのライニングと美しいコントラストを生み出しています。また、ドレスのサイドにあしらわれた深いスリットが、内側にまとったエンブロイダリー ミニスカートをのぞかせます。

00
credits
credits

slideshow-croquis

カール ラガーフェルドによるオートクチュール

HAUTE COUTURE ACCORDING TO
KARL LAGERFELD

1915年に初めてガブリエル シャネルがクチュール メゾンをオープンして以来、シャネルの本質であるオートクチュールについて、カール ラガーフェルドは次のように表現しています。“Haute Couture is an island of dreams and escapism. It is the utmost luxury which transcends fashions and crosses time.” 唯一無二のノウハウにより息吹を吹き込まれるオートクチュールの真髄は、デザイナーが描くビジョンと、メゾンダールの熟練の技をもって昇華される完璧なカットとディテールにあります。全面に刺繍を施した類まれな作品を象徴するのは、その緻密なラインとシェイプ、構造です。このように、高い水準を誇る技術と忍耐によって、オートクチュールは制限や制約のない自由な発想を可能にしているのです。

1915年に初めてガブリエル シャネルがクチュール メゾンをオープンして以来、シャネルの本質であるオートクチュールについて、カール ラガーフェルドは次のように表現しています。“Haute Couture is an island of dreams and escapism. It is the utmost luxury which transcends fashions and crosses time.” 唯一無二のノウハウにより息吹を吹き込まれるオートクチュールの真髄は、デザイナーが描くビジョンと、メゾンダールの熟練の技をもって昇華される完璧なカットとディテールにあります。全面に刺繍を施した類まれな作品を象徴するのは、その緻密なラインとシェイプ、構造です。このように、高い水準を誇る技術と忍耐によって、オートクチュールは制限や制約のない自由な発想を可能にしているのです。

シャネルのアトリエ

The Chanel
Ateliers

00
credits
credits

slideshow-atelier

THE HAUTE COUTURE BRIDE,
FROM SKETCH TO GOWN

First, the sketch is interpreted as a pattern in cotton toile. During this first step of patternmaking on a mannequin, the head seamstress recreates the silhouette in three dimensions, following Karl Lagerfeld's directions, until the silhouette is as the designer imagined it in his sketch. The pattern is then used to create a "toile" of the look. The placements of future embroideries and braided trim take shape. A model tries it on for Karl Lagerfeld's approval. The toile is then reproduced in the fabric of his choice, an almond green wool.

First, the sketch is interpreted as a pattern in cotton toile. During this first step of patternmaking on a mannequin, the head seamstress recreates the silhouette in three dimensions, following Karl Lagerfeld's directions, until the silhouette is as the designer imagined it in his sketch. The pattern is then used to create a "toile" of the look. The placements of future embroideries and braided trim take shape. A model tries it on for Karl Lagerfeld's approval. The toile is then reproduced in the fabric of his choice, an almond green wool.

PROFILE VIEW

The Fall Winter 2018/19 collection's "High Profile" silhouette redefines the Haute Couture look. The CHANEL ateliers created skirts and long dresses in tweed, velvet and chiffon with zippered slits, revealing the leg in elegant profile. Each of these looks opens on the side to reveal a matching mini-skirt, with tweed or sequined braiding extending the line.

The Fall Winter 2018/19 collection's "High Profile" silhouette redefines the Haute Couture look. The CHANEL ateliers created skirts and long dresses in tweed, velvet and chiffon with zippered slits, revealing the leg in elegant profile. Each of these looks opens on the side to reveal a matching mini-skirt, with tweed or sequined braiding extending the line.

00
credits
credits

アトリエ フルーとタイユール

アトリエ フルーとタイユール

オートクチュールの制作に欠かせない、経験豊かな裁縫師たちの才能。彼らの緻密な手仕事により、 カール ラガーフェルドの繊細なスケッチに息吹が吹き込まれていきます。まずデザインを解釈し、シルエットを形づくるトワルの型を制作します。 カール ラガーフェルドのもと、何度もフィッティングが行われた後、それぞれの生地に刺繍やプリーツが施され、フェザーやブレード、宝石のようなボタンをあしらい、60から70にものぼるオートクチュール コレクションのルックが完成します。柔らかな素材からドレスやブラウスを仕立てるアトリエ「フルー」でも、あるいはガブリエル シャネルが愛したツイードなどのしっかりとした生地を扱うアトリエ「タイユール」においても、制作には正確無比の技術が必要とされます。カール ラガーフェルドやスタジオの監督のもと、「フルー」は、複雑なカットと構築的なデザインを専門とする「タイユール」との対話のなかでノウハウの交換を行います。

オートクチュールの制作に欠かせない、経験豊かな裁縫師たちの才能。彼らの緻密な手仕事により、 カール ラガーフェルドの繊細なスケッチに息吹が吹き込まれていきます。まずデザインを解釈し、シルエットを形づくるトワルの型を制作します。 カール ラガーフェルドのもと、何度もフィッティングが行われた後、それぞれの生地に刺繍やプリーツが施され、フェザーやブレード、宝石のようなボタンをあしらい、60から70にものぼるオートクチュール コレクションのルックが完成します。柔らかな素材からドレスやブラウスを仕立てるアトリエ「フルー」でも、あるいはガブリエル シャネルが愛したツイードなどのしっかりとした生地を扱うアトリエ「タイユール」においても、制作には正確無比の技術が必要とされます。カール ラガーフェルドやスタジオの監督のもと、「フルー」は、複雑なカットと構築的なデザインを専門とする「タイユール」との対話のなかでノウハウの交換を行います。

メゾンダール

00
credits
credits

THE WORK OF THE MAISONS D’ART ON
THE BRIDAL GOWN

THE WORK OF THE MAISONS
D’ART ON THE BRIDAL GOWN

Starting from a sample approved by Karl Lagerfeld, olive leaves and braided trim made of rocaille beading in shades of sea green are embroidered by hand. The leaves are then assembled into olive branches with the help of a needle. These embroideries and braiding produced by atelier Montex will embellish the jacket, directly inspired by the attire worn by members of the "Académie Française" at the Institut de France, the dress and its mini-skirt.

The ensemble is then accessorized with a fascinator created by Maison Michel in green wool embroidered by atelier Montex and veiled in sequined tulle. Matching low boots by Massaro, in almond green leather embroidered by atelier Montex, finish the look.

Starting from a sample approved by Karl Lagerfeld, olive leaves and braided trim made of rocaille beading in shades of sea green are embroidered by hand. The leaves are then assembled into olive branches with the help of a needle. These embroideries and braiding produced by atelier Montex will embellish the jacket, directly inspired by the attire worn by members of the "Académie Française" at the Institut de France, the dress and its mini-skirt.

The ensemble is then accessorized with a fascinator created by Maison Michel in green wool embroidered by atelier Montex and veiled in sequined tulle. Matching low boots by Massaro, in almond green leather embroidered by atelier Montex, finish the look.

00
credits
credits

フェザー ヘッドピース

コレクションのルックにコーディネートされたメゾン ミッシェルによるベルベットのヘッドピース。ルマリエのフェザーを刺繍したこれらのアクセサリーが、オートクチュールの魅力を引き立てルックを完成させています。

コレクションのルックにコーディネートされたメゾン ミッシェルによるベルベットのヘッドピース。ルマリエのフェザーを刺繍したこれらのアクセサリーが、オートクチュールの魅力を引き立てルックを完成させています。

00
credits
credits

slideshow-maisons-d-arts

メティエダールとオートクチュール

メティエダールとオートクチュール

シャネルのメティエダール アトリエは、姿勢や技術、インスピレーションを絶え間なく磨き続け、妥協のない高い水準と卓越性を実現してきました。 羽根細工と花細工のスペシャリストであるルマリエや靴のマサロ、刺繍のメゾン ルサージュとモンテックス、帽子のメゾン ミッシェル、グローブのコース、プリーツを専門とするロニオンなど、類まれなノウハウを誇るアトリエの数々。

ツイードやレース、シルクの制作から、羽根細工や花細工、刺繍、さらにはグローブやコスチューム ジュエリーの装飾技術まで、オートクチュールはこのような卓越した職人技を讃えています。

シャネルのメティエダール アトリエは、姿勢や技術、インスピレーションを絶え間なく磨き続け、妥協のない高い水準と卓越性を実現してきました。 羽根細工と花細工のスペシャリストであるルマリエや靴のマサロ、刺繍のメゾン ルサージュとモンテックス、帽子のメゾン ミッシェル、グローブのコース、プリーツを専門とするロニオンなど、類まれなノウハウを誇るアトリエの数々。

ツイードやレース、シルクの制作から、羽根細工や花細工、刺繍、さらにはグローブやコスチューム ジュエリーの装飾技術まで、オートクチュールはこのような卓越した職人技を讃えています。

2018/19年秋冬

2018/19 秋冬
オートクチュール

Show

シェア

リンクがコピーされました