CHANEL IN CINEMA

カンヌ国際映画祭

シャネルが関わる映画界のイベントや最新情報、ポッドキャストなどをご紹介します。

シャネルが関わる映画界のイベントや最新情報、ポッドキャストなどをご紹介します。

レッドカーペットを彩るシャネル

レッドカーペットを彩るシャネル

2019年カンヌ国際映画祭
オープニング
2019年カンヌ国際映画祭
オープニング
00/3

メゾンの友人やアンバサダーたち

メゾンの友人やアンバサダーたち

映画とシャネル

"映画『ワンス アポン ア タイム イン ハリウッド』
マーゴット ロビー"

"映画『ワンス アポン ア タイム イン ハリウッド』
マーゴット ロビー"

メゾンのアンバサダーであるマーゴット ロビーが、クエンティン タランティーノ監督作品『ワンス アポン ア タイム イン ハリウッド』(2019年公開)で、女優のシャロン テートを演じています。コスチューム デザイナーのアリアン フィリップスが再現した1960年代の衣装には、ゴールドのチェーンが特徴的なブラック ラムスキンのハンドバッグ 2.55が登場します。

詳細
メゾンのアンバサダーであるマーゴット ロビーが、クエンティン タランティーノ監督作品『ワンス アポン ア タイム イン ハリウッド』(2019年公開)で、女優のシャロン テートを演じています。コスチューム デザイナーのアリアン フィリップスが再現した1960年代の衣装には、ゴールドのチェーンが特徴的なブラック ラムスキンのハンドバッグ 2.55が登場します。

時代を超えて
ガブリエル シャネルと女優たち

時代を超えて
ガブリエル シャネルと女優たち

ガブリエルが女優たちを高く評価したのは、衣装という芸術を極めたからでしょうか、それとも少女の頃から女優に憧れていたからでしょうか。1910年、彼女がデザインした帽子を最初にまとった女性のひとりは、女優のガブリエル ドルジアでした。その20年後、シャネルはアメリカをはじめとする国々で映画制作の芸術 Seventh Art の象徴となります。映画監督やニューウェーブの映画制作者たちは、ヒロインの衣装の制作をガブリエル シャネルに依頼するようになりました。ルイ マル監督作品『恋人たち』(1958年)に出演したジャンヌ モローや、『ボッカチオ '70』(1962年)のロミー シュナイダーもシャネルの衣装をまとっています。

Credit: © Keystone France

詳細

ガブリエルが女優たちを高く評価したのは、衣装という芸術を極めたからでしょうか、それとも少女の頃から女優に憧れていたからでしょうか。1910年、彼女がデザインした帽子を最初にまとった女性のひとりは、女優のガブリエル ドルジアでした。その20年後、シャネルはアメリカをはじめとする国々で映画制作の芸術 Seventh Art の象徴となります。映画監督やニューウェーブの映画制作者たちは、ヒロインの衣装の制作をガブリエル シャネルに依頼するようになりました。ルイ マル監督作品『恋人たち』(1958年)に出演したジャンヌ モローや、『ボッカチオ '70』(1962年)のロミー シュナイダーもシャネルの衣装をまとっています。

Credit: © Keystone France

映画『パーソナル ショッパー』
クリステン スチュワート カンボン通り31番地にて

映画『パーソナル ショッパー』
クリステン スチュワート カンボン通り31番地にて

シャネルは、アンバサダーであるクリステン スチュワートが主演を務めるオリヴィエ アサヤス監督作品『パーソナル ショッパー』に、衣装やカンボン通り31番地のブティックを撮影の舞台として提供しました。
「歴史あるシャネルの建物で撮影をすることができ、また、シャネルの衣装を着用することができ、映画が真実味を帯びました。登場人物たちにとって、とても大切なことです。」と、オリヴィエ アサヤス監督は語っています。

Credit: Personal Shopper ©Les films du Losange / Carole Bethuel

詳細

シャネルは、アンバサダーであるクリステン スチュワートが主演を務めるオリヴィエ アサヤス監督作品『パーソナル ショッパー』に、衣装やカンボン通り31番地のブティックを撮影の舞台として提供しました。
「歴史あるシャネルの建物で撮影をすることができ、また、シャネルの衣装を着用することができ、映画が真実味を帯びました。登場人物たちにとって、とても大切なことです。」と、オリヴィエ アサヤス監督は語っています。

Credit: Personal Shopper ©Les films du Losange / Carole Bethuel

映画『抱擁のかけら』
ペネロペ クルス

映画『抱擁のかけら』
ペネロペ クルス

2009年のペドロ アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』で、主演のペネロペ クルスの衣装に起用されたシャネルのオートクチュール ドレス。メゾンのアンバサダーであり、映画では秘密のロマンスに引き裂かれる情熱的な女優を演じる彼女がまとったこのオリジナル ドレスは、1992年にカール ラガーフェルドが手がけたもので、ゴールドのフラワーモチーフのブローチとチェーンがあしらわれています。

Credit: © El Deseo

詳細

2009年のペドロ アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』で、主演のペネロペ クルスの衣装に起用されたシャネルのオートクチュール ドレス。メゾンのアンバサダーであり、映画では秘密のロマンスに引き裂かれる情熱的な女優を演じる彼女がまとったこのオリジナル ドレスは、1992年にカール ラガーフェルドが手がけたもので、ゴールドのフラワーモチーフのブローチとチェーンがあしらわれています。

Credit: © El Deseo

アンナ カリーナ
ガブリエル シャネルが名づけたステージネーム

アンナ カリーナ
ガブリエル シャネルが名づけたステージネーム

ハンネ カリン バイエルのキャリアは、キャバレー歌手やモデル、広告女優としてデンマークでスタートしました。17歳の時にパリに渡り、ガブリエル シャネルと出会い、アンナ カリーナと名づけられました。この頃ジャン=リュック ゴダール監督に見出され、女優として映画作品への出演が始まったのです。

Credit: Anna Karina et JL Godard vers 1960 © Botti / Gamma

詳細

ハンネ カリン バイエルのキャリアは、キャバレー歌手やモデル、広告女優としてデンマークでスタートしました。17歳の時にパリに渡り、ガブリエル シャネルと出会い、アンナ カリーナと名づけられました。この頃ジャン=リュック ゴダール監督に見出され、女優として映画作品への出演が始まったのです。

Credit: Anna Karina et JL Godard vers 1960 © Botti / Gamma

"映画『ブルージャスミン』
ケイト ブランシェット"

"映画『ブルージャスミン』
ケイト ブランシェット"

オーストラリアの女優ケイト ブランシェットが、2013年のウディ アレン監督作品『ブルージャスミン』で着用したのは、ホワイトにネイビーのトリムをあしらったシャネルのツイード ジャケット。メゾンのアトリエによるオーダーメイドで、2008年春夏 オートクチュール コレクションのジャケットにインスパイアされたものです。

Credit: Prod DB © Perdido Productions / DR

詳細

オーストラリアの女優ケイト ブランシェットが、2013年のウディ アレン監督作品『ブルージャスミン』で着用したのは、ホワイトにネイビーのトリムをあしらったシャネルのツイード ジャケット。メゾンのアトリエによるオーダーメイドで、2008年春夏 オートクチュール コレクションのジャケットにインスパイアされたものです。

Credit: Prod DB © Perdido Productions / DR

映画『カフェ ソサエティ』
シャネルによる衣装
映画『カフェ ソサエティ』
シャネルによる衣装
1920年代にガブリエル シャネルが育んだライフスタイルであり、ウッディ アレン監督による映画のタイトルでもある『カフェ ソサエティ』。映画で当時を正確に再現するために、衣装を手掛けたスージー べンジンガーはマドモアゼルの数々のアーカイブ作品を掘り起こし、シャネルのアンバサダーであるクリステン スチュワートをはじめとした出演者の衣装をデザインしました。
既存のワードローブやジュエリーに加え、当時のドレスのレプリカがシャネルのアトリエで制作されました。「当時のガブリエル シャネルのデザインにインスパイアされたジュエリーに、新しい命を吹きこむことを、シャネルが快諾してくれたことは幸運でした。(中略)女優にドレスを着せ、シャネルのイヤリングやブローチを合わせるだけで、すぐに魅力的な装いが完成します。それこそがココ シャネルの才能ですね!」と、スージー ベンジンガーは語っています。

Credit: Café Society © Copyright Gravier Productions, Inc. - Sabrina Lantos
詳細
1920年代にガブリエル シャネルが育んだライフスタイルであり、ウッディ アレン監督による映画のタイトルでもある『カフェ ソサエティ』。映画で当時を正確に再現するために、衣装を手掛けたスージー べンジンガーはマドモアゼルの数々のアーカイブ作品を掘り起こし、シャネルのアンバサダーであるクリステン スチュワートをはじめとした出演者の衣装をデザインしました。
既存のワードローブやジュエリーに加え、当時のドレスのレプリカがシャネルのアトリエで制作されました。「当時のガブリエル シャネルのデザインにインスパイアされたジュエリーに、新しい命を吹きこむことを、シャネルが快諾してくれたことは幸運でした。(中略)女優にドレスを着せ、シャネルのイヤリングやブローチを合わせるだけで、すぐに魅力的な装いが完成します。それこそがココ シャネルの才能ですね!」と、スージー ベンジンガーは語っています。

Credit: Café Society © Copyright Gravier Productions, Inc. - Sabrina Lantos
本サイトの利用条件: 価格表示について. こちらをクリック

シェア

リンクがコピーされました